バンカーから出すときにバックスピンのかけ方

みなさんはバンカーショット、得意ですか?

私は初心者のころ、バンカーがとても苦手でした。

バンカーがないゴルフ場はありませんが、グリーン周りを始め、コースの中には多くのバンカーが存在しています。

グリーン周りのバンカーでは、打つ場所の反対側も危険なことが多く、バンカーから出すのに苦労しますね。

グリーン周りのバンカーでは、出すだけではなくテクニックも必要になってきます。

今回は、バンカーからのショットでバックスピンをかける方法について、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

バックスピンがかかる条件とは?

ではまず、バックスピンはどのような打ち方をすればかかるのでしょうか?

バックスピンは目標方向に飛び、着弾したあとに戻ってくるボールの動きです。

バックスピンがかかる条件としては、簡単に言えばホールの下をこすって回転させるイメージです。

短い番手のアイアンでは特別意識しなくても、バックスピンがかかることがありますが、これはクラブの特性からです。

ボールの下をくぐらせるように打つためにはフェースの向きが大切ですが、ショートアイアンはフェースの向きが他のアイアンに比べて上を向いています。

バックスピンをかけやすいクラブといっても良いでしょう。

では、バンカーからのショットでバックスピンをかけるには、どのような打ち方をすれば良いのでしょうか?

次は、バンカーからのバックスピンショットの打ち方について、解説をしていきたいと思います。

バンカーショットを極める!

バンカーショットは、一度苦手なイメージがつくとなかなか克服できません。

そうなる前に、しっかりバンカーショットの対策をしましょう。

今回は、グリーン周りのバンカーショットの解説です。

バンカーショットで大切なのは、ボールを直接打たないこと。

通常のショットでは、ボールにしっかりミートさせることが必須ですが、グリーン周りのバンカーやアゴの高いバンカーでは、ボールを直接打ってもバンカーから抜け出すことはできません。

オーバーしたり、バンカーの側面に入り込んでしまったりして、逆に難しくなってしまいます。

そのためにも、バンカー対策はしっかりやっておきましょう。

バンカーショットで大切なことは、砂の感触です。

砂が硬いときと柔らかいときでは、打ち方も違ってきます。

今回解説するバックスピンのショットは、ある程度柔らかければ可能ですので覚えておきましょう。

通常のバンカーショットは砂ごと打ち出すということが基本ですが、バンカーショットでバックスピンをかけるためには、薄く砂をとって打ちます。

さらにバックスピンをかけやすくするために、フェースを開きます。

開きすぎると上に上がるだけのショットになってしまうので、気をつけてください。

あとは中途半端なスイングではなく、しっかり振り抜くようにしましょう。

まとめ

ただでさえ難しいバンカーで、さらにバックスピンをかけるとなると難しくなることは確かです。

しかし、スコアアップを目指している方は是非、挑戦してみてください。

身につけられると、バンカーだけではなく寄せにも応用がききますよ。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする