遠心力で飛ばすゴルフのコツとは?

ドライバーショットはゴルフの中でもある意味特殊なショットであり、最も飛距離が求められます。

初心者の方は最初から遠くに飛ばすのを求めようとはせずに、小さなスイングを心がけるべきでしょう。

しかしながら、ゴルフに習熟してきた方たちはそれでは満足出来ないかもしれません。

そのような方には、身体能力に劣っていても出来る、遠心力で飛ばす方法を身に付けることをお勧めします。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

遠心力を生み出すには?

ゴルフボールを遠心力で飛ばすには、精確なクラブコントロールが要求されます。

初心者の方にお勧めしない理由でもあるのですが、ゴルフ歴が長い方でも自信がなければ無理に習得しようとはしないで下さい。

それを踏まえた上で、遠心力で飛ばす方法を説明させて頂きます。

大きな遠心力を生み出すには、バックスイングのトップから一気にグリップをインパクトゾーンに下ろす必要があります。

このときにスイングが安定していないとショットが乱れてしまうので、あくまでも基本のスイングを守れる範囲で行って下さい。

ダウンスイングを素早く行うことでシャフトがしなり、遠心力が発揮されるのです。

しなったシャフトがインパクトの瞬間にほどけると、その勢いを使ってヘッドがボールを弾き飛ばします。

遠心力で飛ばすことに成功すれば、ヘッドがグリップを追い越すのはインパクトゾーンに入ってからになるので、リストターンが簡単に出来ると言うメリットもあります。

適正なしなりを意識しよう

遠心力で飛ばす為にはダウンスイングを速くしなければなりませんが、このときに気を付けるのは腕や肩の力だけで振らないと言うことです。

下半身で作った力を効率よく伝えることが出来れば、それほど力を入れなくても速いダウンスイングは可能です。

ただし、トップからシャフトをしならせることが出来ても、スイングの途中でしなりが戻って飛距離が伸びないことがあります。

逆に、しなりが強過ぎてショットが安定しない人もいます。

このようなときに注目して頂きたいのはクラブのシャフトで、Sシャフトならスイングスピードが速くないとしならず、Rシャフトならそれほどスイングスピードがなくてもしなります。

つまり、スイングスピードが遅い人がSシャフトを使うとしなりが足りず、スイングスピードが速い人がRシャフトを使うとしなりが強過ぎることがあるのです。

ゴルフは自分のスイングに合った道具選びも大事なので、行き詰ったときはクラブを見直してみるのも一つの手です。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする