ゴルフ上達のためのフォロースルーでの正しい手首の角度とは?

『アウトサイドから降りてきてインサイドに抜けるからスライスになるんだよ!』練習場でよく耳にする言葉です。

プロゴルファーや上級者は、ホールによってやハザードの位置によってドローやフェードを打ち分けています。

ボールを『操る』とも言いますが、スイング軌道を極端に変えている訳でも無く、いつも同じスイングをしている様に見えるのにどうして打ち分けれるのだろうかと思ている方もいると思います。

アマチュアの殆どがスライスに悩んでいると言っても過言では無いと思います。

スライス克服のためにインサイドアウトに振る様に教えられた事は有りませんか?ドローボールの軌道で振ってスライスを相殺するという意味なんだと思います。

スイング軌道で出球を変えるよりもっと大事な事が手首の角度なんです。

右利きの場合を例にしてお話しします。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

手首の角度とは?

手首の角度とは3種類あるのですが、アドレス時のグリップを基本とし説明します。

1つ目はコックなどで使う上下に動かすの縦の角度を言います。

アドレスの状態で腕を動かさずに手首だけでクラブヘッドを持ち上げる動きになります。

重いクラブを軽く振り上げる事が可能になり、又、スイングのタメを作る事にもつながります。

2つ目は左右に動かす横の角度を言います、左右の手の甲側に折る動きの事です。

右手の甲側に下りながらテイクバックをする事でオープンフェースになる事を防ぎ不必要なフェースの開閉を抑制出来ます。

3つ目は握っているクラブを中心に右回転や左回転をする円の角度を言います。

自分から見てテイクバックでは時計回り方向に回って行き、フォロースルーでは反時計回り方向に回って行く動きの事です。

フェースローテーションとも言いますが時計回り方向ではフェースが開き、半時計回り方向ではフェースが閉じる事になります。

色々なスイング理論やクラブヘッドの特性などから、3つの手首の角度を全て使うスイングは無いと思います。

例えば、もしご自身が直進性の高いヘッドを装着されたクラブをお持ちならばフェースローテーション極力抑えたスイングをした方が方向性が安定しますので円の角度は必要としない事になります。

フォロースルーでの正しい手首の角度とは?

フォロースルーで両手が伸びた状態の時の手首の状態や角度が球筋や方向と大きく関係しているのです。

スライスにお悩みの方の大半は右手が左手の真上に来ておらず、時計回り方向に傾いていると思います。

それはトップスイングから一気に右手で打ちに行ってしまい、インパクト前に右腕が伸びきってしまってスイングが詰まって(窮屈)しまい、左肩を開いてクラブを逃がそうとするためその様な形になるのです。

正しいフォロースルーでの形とは、左手の真上に右手が有り、反時計回り方向に少し傾いていて、右腕がしっかり伸びている状態が理想です。

同じウイング軌道であっても、この時の左手の甲が何処を向いているかによって球筋が決まってくるのです。

反時計回り方向に多めに傾いているとドロー系のボールになりますし、手首が直立していればフェード系のボールになるのです。

スライスを克服するのであれば、左手の甲を反時計回り方向にダウンスイング時から回し始めてフォロースルーでは左手の甲が下を向く位の極端な感覚でも良いかもしれません。

この動きは『前倒し』と言い、スイングでは大事な動きです、フォロースルーでの手首の角度がとても重要だと言う事を認識しながら練習して下さい。

まとめ

手首の角度が良く分かる練習として腰から腰迄のハーフスイングをお勧めします。

毎回どの様か角度になっているのかが確認出来て実に有意義な練習です。

ラウンド中のセルフチェックとしても有効ですので是非、試してみて下さい。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする