ゴルフのドライバーショット??腰を正しく使ったスイングを覚えよう

ゴルフ初心者の中では「ドライバーが1番苦手だ」という方がとても多いと思います。

クラブの中で最も長いクラブで「飛距離を出したい」という気持ちが1番スイングに表れやすいクラブなので、とてもミスが多くなりやすいクラブだからです。

そこで今回は、腰を正しく使ったスイングを覚えて、初心者ゴルファーに多いヘッドアップやスライスなどのミスを減らすスイングを紹介します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

ドライバーが苦手な理由

初心者ゴルファーの多くがドライバーを苦手にする理由として2つあります。

1つはクラブが長いために、ショートアイアンに比べると非常に振りづらく、体の回転とインパクト時のヘッドのタイミングが合わせにくいという事です。

2つ目はドライバーのイメージによる「メンタル」の影響です。

ドライバーというと「とにかく飛ばすクラブ」というイメージが初心者ゴルファーにとても強くあるため「飛ばそう」という意識によって、力任せにスイングしたり、オーバースイングになりやすく、またボールの行方が気になるためヘッドアップになりやすいです。

このような理由から初心者ゴルファーには難しいクラブになってしまうのです。

腰の正しく使い方

初心者ゴルファーの多くが上手く腰の回転を使えていません。

アイアンでも同じ事が言えますが、ドライバーの場合はアイアンに比べて「飛ばしたい」という意識から、より手打ちになりやすく、腰の回転が使っていない場合が多くなります。

しかし、正しい腰の回転を覚える事で、スライスが減ったりヘッドアップも格段に減ります。

では正しい腰の使い方ですが、基本の腰の回転は体の中心を軸として横回転を意識します。

多くの初心者は回転しているつもりでも、前に突っ込んでいる場合がほとんどで回転していません。

そのためダウンスイングでクラブが遅れて帰ってくるため、フェイスが開きスライスになってしまうのです。

また、軸を意識て回転しているつもりでも左腰骨を軸として回転してしまい、右腰が前に出るような形で回転している場合があります。

この場合、右腰が前に出るためダウンスイングが通るべき軌道を狭くしてしまい、窮屈なダウンスイングになるためフェイスが開いてインパクトしやすくなります。

また、右腰の回転によって重心が正面に行きやすく、前傾角度も起き上がるため、頭を固定しているつもりでもヘッドアップしやすい形になってしまうのです。

だからこそ、軸を中心とした腰の回転が重要になってきます。

練習方法

練習方法として、背後に壁や腰くらいの高さのイスを用意します。

クラブは持たなくても良いので、アドレスした時に壁やイスに軽くお尻が触れるくらいの位置でアドレスします。

そこからゆっくり素振りをして、お尻が壁やイスから離れないように意識してスイングしてみましょう。

軸のズレや重心が前になってしまうと、お尻が離れてしまうと思います。

インパクトまで離れない事を意識して繰り返し素振りをして見てください。

その回転を体で覚える事で、左腰の突っ込みや前傾角度の固定が出来るようになるはずです。

まとめ

この腰の動きは多くの初心者ゴルファーが苦手としていますが、しっかり覚える事で、劇的にヘッドアップは減るはずです。

頭を固定するしているつとりでと動いてしまうとお悩みの方は、ぜひ一度お試しくださいませ。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする