ゴルフでドライバーを打つときの体重移動の仕方

みなさんはゴルフスイングにおいて、体重移動を気にしていますか?

アイアンでは気にしている方も多いと思いますが、ドライバーではどうでしょう。

ドライバーでは飛距離が特に気になり、速いスイングになってしまう方が多いのですが、体重移動は必要なのでしょうか。

今回は、ゴルフにおいてドライバーでの体重移動について、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

体重移動とは?

ゴルフをされる皆さんであれば、体重移動という言葉は聞いたことがあると思います。

しかし、実際にはどこでどのように変化する動きなのでしょうか?

体重移動ができていないと、飛距離が伸びないと言われます。

多くの方が飛距離を伸ばすために、力いっぱいスイングをしようとしますがそれが全てではないということなのです。

体重移動がしっかりできていれば、力の抜けたスイングでも飛距離は伸びます。

さらに力の抜けたスイングであれば、ゆっくりとしたスイングでミート率も上げることができますので、さらに飛距離アップが期待できます。

ではどのようにスイングをすれば、体重移動がきちんとできたスイングができるのでしょうか?

次は、ドライバーでしっかり体重移動をするための練習方法について、解説をしていきたいと思います。

下半身始動と体重移動

みなさんは、“下半身始動”という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉も、多くのゴルファーが聞いたことがある言葉だと思います。

しかし、きちんと言葉の意味を理解できていますか?

初心者の方には特に難しいと思います。

この下半身始動と体重移動が組み合わさればスイングは安定して、しかも飛距離も伸びるのです。

では、スイングの方法を解説していきますが、まずはアドレスをとります。

アドレスをとるところから、スイングは始まっていると考えましょう。

アドレスで迷ってしまうとスイングは乱れてしまいますので、ここから流れが決まっていると安定したスイングにつなげることができます。

次にテークバックですが、ここから頭の位置はインパクトが終わるまで、絶対に動かさないようにしましょう。

頭が動いてしまうと、必ずミスショットになってしまいます。

ボールを見続けて、頭が動かないようにすることが重要です。

トップでは、一呼吸置くような余裕を作りましょう。

これがタメとなり、インパクトのときにしっかりボールに伝わるのです。

そしてダウンスイングに入るのですが、ここから体重移動を特に意識しましょう。

体重移動というと難しいのですが、要は、身体を飛ばしたい方向へ動かすイメージです。

そうすると、自然に体重移動ができるのです。

はじめは難しいと思いますが、繰り返し練習して身につけましょう。

まとめ

ゴルフでは、飛距離を伸ばしたりスイングを安定させたりするためには、たくさんの方法があります。

今回解説した体重移動は、ドライバーでもアイアンでも有効な方法なので、どちらのスイングにでも良いのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする