ゴルフでドライバーをまっすぐ飛ばすにはどうする?

みなさんは、自分のドライバーショットに自信がありますか?

ドライバーはゴルフのラウンドで最初に打つショットで、緊張してしまいなかなかうまくいかない方も多いと思います。

右へ行ったり左へ行ったり、ダフったりトップしたりとミスも様々です。

ゴルフでドライバーをまっすぐ飛ばすには、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、ゴルフにおいてドライバーをまっすぐ飛ばすにはどうすれば良いのかを、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

1番大切なこととは?

ドライバーをまっすぐ飛ばすには、1番大切なことがあります。

それは、ヘッドアップをしないことです。

これは他のクラブにも言えることなのですが、ドライバーは特に飛んだ先が気になって、頭が早く上がってしまうことが多くなってしまいます。

そうすると、間違いなくミスショットにつながってしまうのです。

ではそうならないためには、どうすればよいのでしょうか?

私が初心者のころ、ゴルフ経験者の方に教わることが多かったのですが、専門用語が多すぎてなかなか理解できませんでした。

そのような悩みをお持ちの方も、当然いらっしゃると思います。

このヘッドアップを難しいゴルフ用語抜きで教わったのが、“ボールを見る”ということです。

ボールを見るという言葉は、誰でも理解できると思います。

アドレスを取ったときにボールを見て、あとはインパクトが終わるまでボールを見続けるだけです。

そうすればヘッドアップはなくなり、ドライバーショットはまっすぐ飛んでいきます。

まっすぐ飛ぶようになれば、ボールの飛んだ先も気になることがなくなるので、ヘッドアップはさらに減ります。

ではそうなると、「ボールを見ているのに、まっすぐ飛ばない!」という方も出てきます。

次は、そのような方がドライバーをまっすぐ飛ばすにはどうすればよいのかを、解説していきたいと思います。

まっすぐ向ける!

いきなりまっすぐ向けるとしましたが、何をまっすぐ向けるのかわかりますか?

それは、クラブのフェースです。

どのクラブでも同じですが、フェースがまっすぐの状態でボールにインパクトしないと、よその方向に飛んでしまいます。

また飛距離を出そうとスイングを早くすればするほど、フェースの向きは安定しません。

まずは、飛距離よりもまっすぐ飛ばすことを意識するようにしましょう。

まっすぐ飛ばすことができれば、飛距離が出なくてもスコアは安定します。

私の周りに、ヘッドスピードがかなり速くきちんと当たれば飛距離が出る男性と、ヘッドスピードは少し遅いので飛距離は出ませんが確実にまっすぐ飛ばす女性がいます。

スコアが良いのは、女性の方です。

このように、まっすぐ飛ばすことができるということは、かなりスコアアップに有利なのです。

ではそのための練習方法ですが、まずはハーフスイングで練習をしてみます。

フェースをまっすぐ向けて、ボールにもまっすぐインパクトさせます。

このときに大きな動きはいりませんので、フェースにまっすぐ当てるということを身につけましょう。

ある程度安定してできるようになったら、通常のスイングに戻してください。

繰り返し練習してしっかり身につけましょう。

まとめ

ドライバーをまっすぐ飛ばすには、頭を動かさないこととフェースの向きの2つのことを意識するだけで良いのです。

いろいろ難しく考えてしまわずに、何でも簡単に考えてゴルフを楽しみましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする