ドライバーのスイングを安定させるためには

みなさんは、自分のドライバースイングに自信がありますか?

ある程度の上級者でないと、なかなかドライバースイングに自信がある方はいないと思います。

ラウンドでは必ずと言っていいほど、一番最初に使うクラブがドライバーですが、どのようにすれば安定させることができるのでしょうか?

今回は、ドライバースイングを安定させる方法について、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

ルーティンを作ろう!

ドライバースイングを安定させるためには、毎回同じ綺麗なスイングが必要ということです。

しかしゴルフでは特に、毎回同じスイングができなくて苦しんでいるゴルファーも多いのではないでしょうか?

そこでオススメなのが、ルーティンを作ることです。

クラブを選んでからティーグラウンドに立ち、アドレスをとってボールを打つまで、この一連の流れのルーティンを自分なりに作りましょう。

素振りを何回するのか、スイングの始まりは何を一番重視するのか、スイング中は何に気をつけるのかなど、毎回同じスイングをするためのポイントをいくつか作っておくと良いです。

決まった流れができていると、スイングの流れが安定します。

ティーショットのドライバーは緊張する方も多いと思いますが、このルーティンがあることにより緊張も緩和されるのです。

ルーティンがないと打ち方に悩んでしまい、「きちんと打てなかったらどうしよう」と緊張してしまうのです。

しかしルーティンがあることによって、毎回同じ気持ちでスイングができるので、緊張しにくくなります。

では、ドライバースイングが安定する方法の実践的なことはないのでしょうか?

大事なことはただひとつ!

ゴルフを挫折してしまう人の理由で多いのが、「打つのが難しい」や「打ち方を説明してくれる人が、言っている言葉の意味かわからない」ということでしょう。

実際、確かにゴルフ用語は難しくて意味もなかなか理解できません。

実は私もそうでした。

そんな中、ドライバースイングを極めたいと思った私が実践した方法は、“難しく考えない”ということです。

“ゴルフ用語が使われても、自分なりにわかりやすい言葉に考え直して実践してみる”や“何ヶ所が気をつけることがあっても、とりあえず自分が大切だと思ったところだけを覚えて実践してみる”などです。

実際に今でも私は、それを実践したドライバースイングで安定を保っています。

ちなみに私がドライバースイングで気をつけていることは、インパクトが終わるまでボールを見続けるということのみです。

ボールを見ないと当たらないですし、インパクト前に頭が動いてしまうとまっすぐ飛ばないので、飛距離は気にせずにまずはまっすぐ飛ばすということを重視しています。

そのスイングが安定してしまえば、飛距離も少しずつ伸びますので、まずは力を抜いてリラックスしてドライバースイングを安定させていきましょう。

まとめ

ゴルフでは、本やインターネット内でスイングのポイントが細かく解説されているものも、たくさんあります。

しかし初心者の方は、なかなか理解できない方も多いでしょう。

ですので、自分なりに簡単に考えると良いのです。

自分が楽しくなる方法で、ゴルフの上達を目指しましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする