ゴルフ初心者のドライバー上達方法とは?

快音を響かせ、300ヤード超のドライバーショットを誰もが打ちたいと思いますよね。

それが無理ならせめて今よりも真っ直ぐ遠くに飛ばしたいとも思いますよね。

確かに300ヤードはアマチュアには夢のまた夢ですが、今よりも20ヤードの飛距離を伸ばす事は夢ではありません。

大抵のアマチュアはスライスに悩んでいるはずです、持ち球がフェードなんだと諦めていませんか?勿体ないです。

スライスがストレートやドローになるだけで20ヤードはすぐに伸びるんです。

ヘッドスピード40前後の女子プロ選手でも250ヤード飛ぶんですから。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

スライス克服が飛距離アップと方向性アップの鍵!

飛距離と方向性は相反する物と言われていますが、それはロングヒッターの場合です。

200ヤード前後のアマチュアは方向性と飛距離が比例するんです。

右利きの場合ですがスライスに悩む人は右の林やOBを気にして思い切り左を向いてティーショットをしていると思います。

たまに左に引っ掛けて強い球が出てOBなんて事もありますよね?本当はそれがナイスショットなんです。

スライスだからと思い左を向いてたまたま正しいフェースの向きでショットしたので左に飛んで行ったのです、向いている方行に真っ直ぐ飛んで行っただけなんです。

そして「たまに出るんだよなーこういうの」ってぼやくんです。

大きなスライスで200ヤード地点に打ったとしましょう、直線距離では200ヤードですが実際ボールは左から右に曲がりながら飛んでいますので実際に飛距離はそれ以上になります。

スライスをストレートに治せれば方向性と飛距離アップが一度に手に入ります。

それではなぜスライスになるのか考えてみましょう。

スライスの原因とは?

スライスの原因を上げてみましょう。

①フェースが開いたまま当たる。

②左肩が開いてインパクトしてしまう。

③ヘッドアップ。

④インパクト時、右に体重が残っている(明治の大砲とも言われる状態)。

⑤アウトサイド(右外側)からクラブヘッドが下りてきてインサイド(左内側)に抜ける軌道になっている。

⑥ダウンブロー(上から打ち込む)になっている。

全ての原因にはそうなるに至った動作(動き)があるはずです、1つ1つ改善していけばいいんです。

●スライス克服のために

①は現在主流の大型ヘッドはスィートスポット(芯)が広くなるメリットがあると同時に直進性にも優れていて真っ直ぐ強く球を押し出す事が出来る反面、1度フェースの向きが変わってしまうと戻りずらくなるデメリットもあるのです。

スイング中に前倒しという動作をしてフェースの向きを左に戻してこないといけません。ドローヒッターの行う動きでダウンスイングに入ると同時に左腕前腕(左腕の肘から手首まで)を反時計回りに回す動きです。

球を捕まえる動作になるので早すぎるとフックになるのでドローからストレートになるようタイミングとスピードを重点に練習して下さい。

②は球を打ちに行くため左にスウェーしているか、肩の回転が速すぎるのです。

どちらも飛ばしたいという気持ちから出る動きですので『球を打つ』では無く、フィニッシュまでスイングする事を心がけて下さい。

③は球の行方が気になって目で球を追ってしまう事なので、右の肩で顎が押されるまで我慢しましょう。

④はスイングテンポが速く、打ち急ぐと起こりやすいのでテイクバックをゆっくり上げる練習をして下さい。

⑤、⑥は切り返し直後から右手と右肩がいち早く動き、右手で球を叩きに行くと出るミスです。

右手のグリップを易しく握り、グリップが右脇腹の近くを通す軌道になる様練習して下さい。

①~⑥迄の克服のための練習を意識して練習していただければ飛ばないスライスと決別出来ると思います。

まとめ

アマチュアの殆どがスライスに悩み、『強弾道のハイドロー』って宣伝しているドライバーを買ってしまった経験のある人は多いと思います。

スイングが良くならないと素晴らしい道具を使っても結果は同じになってしまいます。

そこで1番おすすめなのは①改善のための前倒しです

大抵のスライサーは克服出来ています、是非、練習場で試してみて下さい。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする