ゴルフ上達法!遠心力で飛ばす秘訣とは?

ゴルフのスイングとは横回転と縦回転の複合の回転運動になります。

回転運動で物を遠くに飛ばす競技でまず一番に思い浮かぶのはハンマー投げではないでしょうか。

ハンマー投げ競技では全員が同じ長さ、同じ重さのハンマーを使い競い合うのはなぜでしょうか?個人の筋力、体格、技術で差が出る様になっているからです。

と言う事は長くて、重いハンマーを使いこなせれば遠くに飛ばせると言う事になりますね。

なぜ、長くて、重い物を使うと飛ぶのでしょうか?長い分だけ回転速度が増し、重い分だけ外側に行こうとする遠心力が増えるからです。

ゴルフでもロフト角(クラブのフェースの角度)の違いもありますが、一番長いドライバーが一番飛ぶクラブになるのです。

背が高く腕も長い人の方が飛ぶのは、遠心力が関係しているからなんです。

スイング中の遠心力と回転速度についてお話します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

遠心力と回転速度の関係とは?

遠心力を沢山得るためには長くて重いクラブを大きな円弧(円の大きさ)で早く振る事が必要です。

回転速度を早くするためには小さい円弧で素早く回転する必要があります。

両方の最大の力を一緒に得るのはとても難しいと言う事なんです。

一見、相反する動きの様にも見えますよね?でもここが飛ばすための秘訣なんです。

ゴルフスイングも身体の横回転と、ゴルフクラブの縦回転という相反する動きの複合体で有る事を理解する必要が有るのです。

遠心力を最大に得るためにはクラブヘッドを最速の状態にして回転軸から一番遠い所でインパクトを迎える必要があります。

クラブヘッドが遠ければ遠い程遠心力を得られます。

回転速度を上げるためには回転軸の中で素早く腰や肩を回す必要があります。

しかしこの2つの動きだけを同時に行うと一瞬で回転運動は終わるのにクラブヘッドは置き去りでスイングにならないのです。

まずはそれぞれの動きでどうすれは最大の力を得る事が出来るのか理解して下さい。

遠心力と回転速度を繋ぐものとは?

2つの動きを利用してゴルフのスイングにするためには腕とクラブの落下速度(加速)で一体の動きにする必要が有ります。

運動力学を言葉で表すと非常に難しくなってしまいますが、それぞれの動きが繋がった一連の動きになるのです。

右利きの場合ですと、左腰の回転で背筋が引かれ左肩が回り、左肩の回転で左腕が引っ張られ、両脇が閉まっていれば右腕とクラブが引き下され、クラブヘッドが加速して行き遠心力により更に加速する。

となるわけです、遠心力を得るためにはボディーターンで腕とクラブを引き下すのです、決してコックのリリースや腕を自ら振ったりではありません。

遠心力で飛ばすための練習方法

一番大事な事は左右、前後の軸ぶれ(スウェー)をしないと言う事です。軸が動くと平行運動になってしまい回転速度が止まってしまいヘッドの加速が得られません。

最初はスタンスをいつもより狭くしましょう。

脇を絞めて、アドレスで出来た両腕の三角形を極力崩さないでスイングを開始します。三角形を意識し崩さぬようにするとコンパクトなトップになるはずです。

腰と肩の回転で腕が引かれている事を確認しながら数回素振りをして下さい。

腰と肩の回転に腕が遅れない様に右腕の押し込みで調整して下さい。

重要なポイントは腰と肩の回転は最初から最後まで回り続ける事です、その回転に腕が付いてきていればクラブとヘッドは遠心力と引力で勝手に落ちて来ます。

決して自分でクラブを操ろうとしない事です!クラブはクラブの仕事を勝手にしますので。

注意する事はヘッドアップです、肩の回転とともに頭も上がりやすいので右肩で顎が押される迄は我慢です。いつも以上に下を向いている時間が長く感じるはずです。

大事な事は腕の三角形を崩さず腰と肩の回転でスイングする事にあります。

一瞬遅くてためらいますがリリースしていないのにヘッドがビューンと加速してくるのがわかると思います。

これが腕力ではなく遠心力の加速なんです。

まとめ

タイミングは個人個人違うので回転の速さなど色々試して下さい。

自分に合うトップの位置や、スタンス幅が有ると思いますので練習で探して行って下さい。

決して自分でクラブを振ってはいけません。

遠心力で飛ばすための基本は変わりませんので回転でクラブが『振られる』感覚を掴んで下さい。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする