ゴルフスイング!ドライバーとアイアンでは打ち方に違いがあるのか?

初心者ゴルファーのみなさんは、ドライバーなどのウッド系のクラブとアイアンで打ち方を変えていますか?

教えてもらっている方によって違いがあり「どんなクラブでもスイングは基本的に一緒」と言う方もいれば「打ち方を変えた方がより振りやすい」なんて方もいます。

そこで今回は、初心者ゴルファーが悩んでしまうドライバーとアイアンのスイングの違いや、打ち方を変えるべきなのかという事について解説したいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

ドライバーとアイアンのスイングの違いとは

ドライバーとアイアンの打ち方の具体的な違いとして、1番はインパクトの軌道です。

ドライバーは飛距離を伸ばすために、ボールを上げなくてはいけないので、基本はアッパーブローの軌道でスイングします。

そのためクラブは、最落地点の先でインパクトをしなければいけないので、左足よりにボールを置きます。

アイアンはドライバーと逆にダウンブローでインパクトしなければいけないので、クラブは最落地点の手前でボールをインパクトしなければいけません。

ココが大きな違いで、この違いを理解してスイングできれば、ドライバーでは飛距離が伸ばせたり、アイアンではスピン量が増えるので適切な飛距離、グリーン上でピタっと止まるボールが打てます。

具体的なスイングの違い

具体的なスイングの違いの紹介ですが、上記にもあるように、インパクトの位置の違いからボールの位置が変わります。

また、ドライバーとアイアンではクラブの長さが違う為、ドライバーなどの長いクラブほど上半身が起き上がり、アイアンのような上からボールを潰すというイメージよりも、叩くイメージになります。

この2つが具体的な違いで、スイング軌道、テイクバック、トップ、ダウンスイング、フォローの形は基本的に変わりません。

ただ、初心者ゴルファーにはショートアイアンとドライバーでは全く別に感じてしまうため、スイングを変えなくてはいけないと思いがちです。

もちろん、クラブの長さが変わるので、しっかりクラブを走らせるスイングができないと、長いクラブほどミスが多くなります。

しかし、そこをスイングで違いを作るよりも、しっかりと体の回転、ダウンスイングからの腕の引きつけ、タメの解放などがショートアイアンでできれば、タイミングを合わせる事でドライバーも同様に打てるようになります。

まとめ

このように、根本的にスイングを変える必要はありません。

ボールの奥位置と、長さに合わせたアドレスがしっかり決まってくると「ドライバーだからこうスイングしよう」や「アイアンだから変えよう」というように、難しく考える必要がなくなります。

なのでまずは、スイングの基本を身につけて、クラブに合わせたアドレスを取りましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする