ゴルフの練習方法!傾斜に合わせたスイングを覚えよう

「練習場では上手いのに、コースに出ると別人になる」と周りに言われた事はありませんか?

特にビギナーゴルファーには多いのではないでしょうか?

その1つの原因は、コースでは地面は平らではないという事です。

練習場では常に平らで、安定した場所で打つ事ができますが、コースに出たら練習場のような位置で打つ事はほとんどないでしょう。

特に傾斜がある程度あると、スイングで体がブレやすくなったり、ダフリやすくなったりするなど様々なミスの原因となります。

そこで今回は、この傾斜での打ち方をしっかり覚えて、コースで大叩きをしない練習方法を紹介します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

傾斜打ちはなぜ難しい?

傾斜と一言で言ってもいろいろあります。

前下がり、打ち上げ、つま先下がり、つま先上がり、この4つを組み合わせた傾斜もあります。

まず、この傾斜それぞれを全く同じアドレスで同じスイングしたら、ほとんど上手く行きません。

例えばつま先下がりは、グリップとボールの距離が長くなり、スイングすると余計に谷側に体重が乗ってしまい、腕が遅れやすくなるためフェイスが開きやすく、シャンクやスライスになりやすくなります。

このように、体重移動が難しくなるため、スイング全体がバラバラになってしまいます。

他にも様々な原因がありますが、1つだけスイングに共通して言える事がありますので、次はそれを紹介します。

下半身を固定したスイング

スイングの基本は、軸を保ち体全体の回転でクラブを振るという事ですが、傾斜のきついところでは、下半身まで動かしてしまうと軸がブレる可能が高いため、あまりオススメできません。

だからこそ、しっかり股関節に乗って下半身をガッチリ固定し、上半身の回転でスイングしましょう。

下半身を固定しては飛距離が伸びないという方がいると思いますが、とても打ちづらいライや、苦手なライを番手の飛距離通り飛ばそうと思う方がリスクが高くなります。

ですから、次の一打を確実に良い条件で打てる位置に落とす事の方が、もっとも有効な選択になります。

また、少しでも飛距離が欲しい場合は1番手上げた方が力まずにスイングしやすくなります。

練習方法

ラウンド以外で傾斜の練習をするのは難しいですが、下半身を固定したスイングは練習できます。

平らなところで練習すると、徐々に下半身も動き始めやすくなりますが、股関節にハマっている感覚と、膝の位置を変えない事、それから上半身が回るところまででトップを決める事の3つが重要になります。

この場合、ハーフスイングより少し振れる程度のスイングになると思うので、上半身にムダな力が入らないようにしましょう。

上半身の回転だけだと手打ちにもなりやすくなるので、しっかり上半身で回転する事意識して練習しましょう。

まとめ

傾斜の打ち方を知ってるのと知らないのでは、スコアが本当に変わってきます。

ただ同じスイングをする事だけがゴルフではありません。

状況に合わせたスイングを意識する事でより上達するでしょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする