アイアンで高弾道の球が打ちたい!その打ち方とは?

みなさんはアイアンで、高弾道のボールを打つことはできますか?

アイアンはクラブの番手によっては、高弾道のボールを打つことはとてもむずかしいです。

しかし、「アイアンで距離も出したいしボールも上げたい!」という状況がやってきたらどうしますか?

初心者のうちは、レイアップして安全に行くことが基本とされますが、ある程度慣れてくると難しいことも挑戦したくなります。

では、どのようにしてアイアンで高弾道のボールを打つことができるのでしょうか?

今回は、アイアンで高弾道ボールの打ち方について、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

どんなときに高弾道が打ちたいか

ではまず、どんなときに高弾道のボールを打ちたいか考えてみましょう。

高弾道とは、ボールが高く上がった状態のことをいいます。

ラウンド中にボール上げたいときといえば、目の前に何かしらの障害物があるときです。

障害物を越すようなショットを打つときは、「その障害物を気にしない」など気持ちの面ではそう思っていても、なかなかそういうときに限ってミスショットをしてしまいます。

池やバンカーなどが、代表的なものでしょう。

あとは、グリーン上でボールをピタッと止めたいときです。

低弾道のボールだとうまくグリーンに乗せても、転がっていってしまいグリーンから外れてしまうことも多々あると思います。

そんなときに高弾道のボールを打って、グリーン上でピタッと止めることができたらカッコいいですよね。

では、確実に高弾道のボールを打つためにはどのような打ち方をすれば良いのでしょうか?

次は、高弾道のボールの打ち方について、解説をしていきたいと思います。

イメージすること

ゴルフのポイントで意外と多いのは、技術的なことよりもイメージすることや意識することです。

みなさんもイメージしてから実際に打つ、ということが多いのではないでしょうか?

高弾道のボールの打ち方も同じで、まずはボールが上がるイメージを持つことが大切です。

そのイメージを持っていれば、実際打つときに身体がそのように動きやすくなります。

ボールを上げるとなると、イメージするのはすくい上げるような打ち方です。

このイメージを持って、練習をしていきましょう。

まずはアドレスをとります。

ボールの位置は通常より、やや左寄りの位置にあるようにしましょう。

構え方はアイアンのアドレスの基本、ハンドファーストです。

かたちとしては、ボール、クラブのシャフト、肩までの線が一直線になる状態がきれいなハンドファーストです。

あとはスイングをするだけなのですが、すくい上げるということを意識しすぎないようにしましょう。

このイメージが強すぎると、ダフったりボールが上がりすぎたりしてしまう原因になります。

ハンドファーストで構えてボールを左寄りにして打つ、これだけをまずはやってみてください。

これだけでも通常のアイアンショットより、高弾道のボールになると思います。

また、ボールを打つ場所(ライ)によって感覚が違ってくるので、気をつけましょう。

まとめ

高弾道のボールの打ち方は言葉では簡単に説明をしましたが、初心者の方にはなかなか難しいと思います。

はじめのうちは無理をせず、スコアが安定するようなゴルフをするように心がけましょう。

スコアが安定してきたら、ステップアップのために身につけるのも良いですね。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする