アイアンだけでラウンドは回れるのか

みなさんはゴルフのラウンドの際、どんなときにどのクラブを使うということを決めていますか?

多くの方が自分がどのクラブで何ヤード飛ばせるのか、どのクラブが得意で苦手なのかきちんと把握していると思います。

しかしもしも、通常使っているクラブがトラブル等で使えなくなってしまったらどうしますか?

ドライバーやウッドが使えず、アイアンしか使えないとなってしまったら。

今回は、アイアンだけでラウンドが回れるのかについて、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

アイアンの良い点

「アイアンだけでラウンドを回るなんて考えられない!」と思うと思います。

私もそう思います。

しかし、アイアンはドライバーやウッドに比べると飛距離は出ませんが、良い点はたくさんあります。

まずは方向性がしっかり定まることです。

ドライバーやウッドに比べて、アイアンはシャフトが短いのでスイングがしやすくなっています。

ドライバーやウッドは曲がるけど、アイアンはまっすぐ飛ばせるという方も多いのではないでしょうか?

もう一つはグリーン上に落ちたときにピタッと止めたり、バックスピンをかけたりすることができることです。

グリーン周りではアイアンを使う方が多いと思いますが、状況によってはウッドやユーティリティを使うこともあります。

しかしウッドやユーティリティではボールは止まらず転がってしまうので、その分の距離の計算もしなければいけません。

その点アイアンは前述の通り、ピタッと止めることやバックスピンをかけることができますので、距離の計算が簡単です。

このようにアイアンは、ドライバーやウッド、ユーティリティよりも飛距離が出ない分、細かい調整がきくことが良い点と言えるでしょう。

では、実際に本当にアイアンだけでラウンドを回ることはできるのでしょうか?

アイアンだけでラウンド

アイアンだけでラウンドを回ることは、可能なのでしょうか。

まずはティーショットですが、ここでは通常多くの方がドライバーを使うところです。

ここをアイアンで行くことは、当然可能です。

アイアンにもたくさん種類があり、1番から9番、ピッチングウェッジ、サンドウェッジがあります。

それぞれロフトの角度とシャフトの長さが、少しずつ変わって飛距離が違ってくるのです。

通常、ゴルフをされる方で1番から4番のアイアンを使う方は少ないと思います。

なぜなら、同じような飛距離を出せる簡単なクラブ、ウッドやユーティリティがあるからです。

アイアンは番手が小さくなるほど打つのが難しくなりますので、当然、使う方も多くはありません。

しかし、今回はアイアンだけでラウンドを回るということですので、使ってみたいと思います。

ティーショットとなると、200ヤードは飛ばしたいところ。

使うアイアンは、2番アイアンです。

大体180~200ヤード飛ばすことができます。

セカンドショットは残りのヤード数を見て、通常通りアイアンを使いグリーンまで寄せていきましょう。

問題はここからです。

グリーン上でアイアンを使って良いのか、ということです。

結論から言いますと、当然不可。

グリーンでは絶対にパターを使いましょう。

ティーショットさえクリアできれば、アイアンだけでラウンドは可能ですね。

まとめ

グリーン上以外では、アイアンだけでラウンドをすることは可能です。

実際、私の周りにそういう人がいました。

「どうしても早くこのホールを終わりたい!」という状況になり、6番アイアンだけで回りました。

ミドルホールだったのですが、結果、パーで上がれたそうです。

どのクラブを使っても、きちんとした使い方をすれば良い結果が出るものですね。

みなさんも、色々な番手のクラブにチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする