ゴルフのロングアイアン、苦手な方のための練習方法

みなさんはゴルフにおいて、ロングアイアンのショットは得意ですか?

ゴルフではクラブが長くなればなるほど、打つのが難しくなってしまいます。

ロングアイアンをマスターするためには、どのような練習方法をすれば良いのでしょうか?

今回は、ゴルフにおいてロングアイアンの練習方法について、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

ロングアイアンとは?

まずロングアイアンとは、何番からなのでしょうか?

定義は様々あるようですが、ロングアイアンとは2番から5番アイアンまでのことをいいます。

多くの方がアイアンは6番や7番からしか入っていないと思います。

5番は持っていても、なかなか4番より上の番手を持っている方は少ないでしょう。

しかし、ウッドやユーティリティで打てないような場所から飛距離を出したいときに、ロングアイアンを使えたらいいなと思いませんか?

また、ウッドやユーティリティが苦手な方で、同じ距離をアイアンで飛ばせたらいいなと思いませんか?

そんな方のために次は、ロングアイアンをしっかり打てるようになるための練習方法を、解説していきます。

ボールの位置は大事!

ゴルフをされる方で最近は、ロングアイアンをセットに入れている方が少ないのが現状です。

しかしロングアイアンは、使いこなせればとても便利なクラブなのです。

ロングアイアンはミドルアイアンやショートアイアンに比べて、当然シャフトが長くなっています。

そのため、難しいと感じてしまうことが多いのでしょう。

どうして、難しいと感じてしまうのでしょうか?

それは、“アイアンだと思う”からです。

ロングアイアンはシャフトの長さから、ミドルアイアンやショートアイアンと同じように打っても上手く打つことはできません。

ですのでロングアイアンは、ウッドやユーティリティ、ドライバーと同じものだと考えるようにしましょう。

なぜなら、打ち方がほとんど同じだからです。

では、ロングアイアンの打ち方と練習方法について、解説をしていきたいと思います。

まずはボールの位置ですが、ミドルアイアンとショートアイアンでは、ボールの位置はほぼ自分の真ん中です。

ウッドやユーティリティ、ドライバーは右利きの場合、左足に近くなります。

ロングアイアンのボールの位置も、左足に近い場所に置くようにしましょう。

あとは、ウッドやユーティリティ、ドライバーのように打つだけです。

打ち方としては、払い打ちが基本になります。

ミドルアイアンやショートアイアンのように、打ち込むような打ち方をすると確実にダフってしまいます。

ロングアイアンが打てない方のミスの多くが、このダフリでしょう。

ですので、払い打つことを心がけるようにしましょう。

まとめ

練習方法で大切なことは、まずは素振りでアイアンでの払い打ちを身に付けることです。

その後、実際にボールを置いてハーフスイングからボールを当てていくようにしましょう。

しっかりボールが当たるようになったら、通常通りスイングをしてボールを打ちます。

“繰り返し練習をする”ということを念頭に置いて、練習しましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする