握り方が大事!スクエアグリップをマスターしてゴルフを上達!

ゴルフの練習をする際に、どうしても意識が行きがちなのはスイングです。

それ自体は間違っている訳ではなく、正しいスイングを身に付けるのはゴルフにおいて非常に重要です。

ところが、それにばかり捉われてグリップの握り方を疎かにしている人が多く見られます。

グリップの握り方を間違っているとスイングが崩れる原因となり、グリップの握り方を見るだけでも、その人がどれほどゴルフに精通しているかわかるとさえ言われています。

グリップの握り方には様々な種類がありますが、まずはスクエアグリップをマスターしましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

正しいグリップを身に付けよう

初心者の方や間違ったグリップの握り方をしてきた方は、正しいグリップの握り方に違和感を覚えるかもしれません。

しかし前述のようにグリップの握り方はスイングに多大な影響を与えるので、慣れるまでは我慢するようにして下さい。

それでは実際に握り方をお教えします。

まずは、グリップの真下に左手の人差し指の第二関節が当たるようにします。

そのとき、人差し指一本でゴルフクラブを支えられるようにして下さい。

それが出来たら左手の親指をグリップの真上に当てます。

ゴルフクラブのグリップには真上に印が付いているので、それを目印にしましょう。

最後に残りの指でグリップを握ります。

次に右手ですが、薬指の第二関節をグリップの真下に当てます。

同じく中指の第二関節もグリップの真下に当てます。

そして人差し指の第一関節も真下に当てて、グリップを握ります。

このとき、親指はグリップの真上ではなく少し左にずらすようにして下さい。

更に絶対守って頂きたい点は、右手の人差し指と親指の付け根がピタッとくっつくようにすることです。

安易にグリップを変えない

冒頭でも述べましたが、グリップの握り方には様々な種類があります。

その中でも最も基本的なのがスクエアグリップなのですが、打球の癖によってはウェークグリップやストロンググリップなどに変える人もいます。

ですがそれはあくまでもスクエアグリップをしっかりとマスターしてからであり、ボールがひっかかり易いからウェークグリップを練習する、などとするべきではありません。

それは何故かと言うと、本来ならスクエアグリップが出来ていれば、ボールがひっかかったりスライスする原因は他にあるからです。

つまり、グリップ以外に原因があるのにグリップだけで調整しようとすると、どんどんスイングが崩れてしまいます。

それゆえ安易にグリップを変えるようなことはせず、まずは基本のスクエアグリップをマスターするようにしましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする