ゴルフ練習場の打ち放題を活かした練習方法

みなさんはゴルフ練習場でどのような練習していますか?

最近は、時間制限で打ち放題をやっているゴルフ練習場がとても多いので、ひたすら打ってしまうという方はとても多いのではないでしょうか?

一昔前は「トラック一台分は打たないと上手くならない」なんて言われましたが、本当にそうなのでしょうか?

そこで今回は、ゴルフ練習場の打ち放題を活かした練習方法を紹介します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

打ち放題のメリットデメリット

打ち放題というと非常に得した気分になりますが、練習する上でメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、打数を気にしなくて済むので、スイングの調整をボールを打ちながらできる事です。

デメリットとしては、何球もノンストップで打ち続けていると、疲れからスイングがバラバラになってしまって変なクセがついてしまったり、ひたすら打てるので一球一球への集中力が切れやすくなります。

普通のゴルフ練習場の1打いくらという事よりも打ち放題はプレッシャーがなくなるので、より集中力を欠いたスイングになりやすくなります。

打ち放題を活かした練習方法

打ち放題だからこそできる練習方法として、普段は一球がもったいなくて出来ない小さなスイングで打つ事です。

例えばドライバーですが、普通に練習場に来て、ドライバーでハーフスイング、それより小さいスイングでミートを確かめる方はどれだけいるでしょうか?

ほとんどの方は基本的にフルショットで練習していると思いますが、打数を気にしなくて良い打ち放題だからこそ、振りの小さなスイングでミートをあげる、感覚を掴む練習が出来ると思います。

この練習をする事で、力を入れないハーフスイングでも「ここまで飛ぶんだな」と新たな発見があったりして、ガチガチに力が入ってしまっていた人の意識が変わって、フルショットでも力ではなくミートを意識出るようになったりします。

また、フルショットではなかなか芯に当たらないため、ハーフスイングで芯でボールを捉える感覚や音の違いを凄く感じる事が出来ると思います。

具体的な練習方法としては、ハーフスイングでミート、体の回転を確認しながら5球打って、1球はフルショットする事です。

他にも、凄く短い距離のアプローチ練習です。

練習場に行くと、特に初心者の方の場合どうしても目の前のアプローチはおろそかになりがちです。

だからこそ打数を気にしないアプローチをドンドン練習するべきです。

アイアンやウッドでフルショットを続けているとすぐに疲れが出てきますが、10ヤード20ヤード30ヤードくらいのアプローチであれば、リズム良く打てるので、体でスイングを覚えやすくなりますのでお勧めです。

まとめ

練習場の打ち放題ほど一球に対するプレッシャーがない物はないので「練習の練習」になりやすいです。

だからこそ、体で覚えたいミートの感覚や短い距離の距離感の練習に当てる事をお勧めします。

特に初心者ゴルファーの方にはクラブの芯で捉える感覚は掴んでいただきたいですし、ハーフスイングを確実にこなすことでアプローチの良くなるはずなので、とてもお勧めです。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする