ゴルフ初心者がやるべきこと3項目

みなさんはゴルフという競技に、どのようなイメージを持っていますか?

「難しそう」、「お金がかかりそう」などが多いと思います。

しかしそんな中でも、「始めてみたい!」と興味を持つ方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな方のために、ゴルフ初心者がやるべきこと3項目を、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

道具を揃えよう!

ゴルフ初心者がやるべきことの1つ目は、道具を揃えることです。

ゴルフのラウンドを回るために必要な道具といえば、ゴルフクラブセット、ウェア、シューズ、帽子、グローブ、ボール、ティーが主に必要なものです。

クラブセットは当然高価なものから、手軽なものまでありますので、自分の好みでまずは選んでも良いでしょう。

「長くゴルフを続ける!」という方は、初めから少し良いものを買っても良いかもしれませんね。

またウェアは、ゴルフ場によってはドレスコードがあるところもあるので、どんな場面でも着用できるようなウェアを選びましょう。

シューズやグローブは、きちんと自分に合ったサイズのものを選ばないと、プレー中の怪我や事故につながります。

買う前に、履いてみたり着けてみたりして着心地を確認しましょう。

道具が揃ったら早速練習、そしてラウンドです。

次は、練習とラウンドについて解説をしていきたいと思います。

何といってもマナーは大事

ゴルフ初心者がやるべきこと2つ目は、練習に行くことです。

何をするにしても練習は大切ですが、ゴルフはスイングのかたちを固めるためには練習が不可欠です。

才能があれば練習もいらないのですが、なかなかそうもいきません。

事前に練習方法とその日の目標を自分なりに考えて、練習に向かうと良いでしょう。

また練習で初心者の方に多いのが、むやみにボールを打つということです。

初心者のときはボールを打つのが楽しいのはわかりますが、ボールをたくさん打てばいいというわけではありません。

きちんとクラブヘッドの真ん中、芯に当てることができるかが大切なのです。

まずは素振りで自分のスイングを確認してからボールを打つようにすると、スイングも固まりボールもしっかり飛ぶようになるでしょう。

練習で自信がついたら、次は実践ラウンドです。

初心者がやるべきこと3つ目は、マナーを覚えることです。

ゴルフ場やラウンド中は、さまざまなマナーが設けられています。

代表的なものでいえば、他の人がプレーをしているときには動かない・しゃべらない、隣のコースにボールが飛んでしまったら「ファー」と叫んで注意を促す、グリーン上は走らないなど当たり前のようなことばかりですが、なかなか守れてない方が多いのも現実です。

全てのゴルファーが気持ちよくプレーできるように、1人ひとりがマナーやルールを守って楽しくゴルフをしましょう。

まとめ

ゴルフ初心者がやるべきことは、他にもたくさんあります。

今回はその中でも1番大切な3項目です。

なかなかゴルフを始めるきっかけがない方も、これを機会にぜひはじめてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする