ゴルフフォームに大切なのは本当に腰なのか?

ゴルフをされるみなさんは、ゴルフフォームの中で何に重点を置いていますか?

ヘッドアップをしないようにすること、ひじを曲げないこと、ゆっくりスイングすることなど、ゴルフフォームの中にはミスショットをしないためにはたくさんの注意点があります。

その中でも“腰を回す”や“腰を入れる”など、腰に関するポイントが多くあるのをご存知ですか?

今回は、ゴルフフォームの中で“腰”は大切なのかについて、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

腰の動きは重要なのか?

冒頭でもお伝えした通り、ゴルフフォームには大切なことがたくさんあります。

しかし初心者のうちは特に、全てのことを頭に入れて練習をすることは難しいです。

ここで結論から述べてしまうのですが、ゴルフフォームにおいて腰の動きは重要です。

ということは、まずは腰の動きを重要視してスイングの練習をすると良いでしょう。

では、正しい腰の動きを身につけるにはどうしたら良いのでしょうか?

次は、ゴルフスイングにおいての腰の使い方について、解説をしていきたいと思います。

腰をきるためには?

ゴルフフォームの腰の使い方の中で1番大切なのは、“腰をきる”ということです。

では、腰をきるというスイングはどのようにすれば良いのでしょうか。

早速、解説をしていきたいと思います。

右利きの場合ですが、まずはアドレスをとります。

スイングの始まりで何の難しいこともないアドレスですが、ここがとても大切です。

なぜかというと、少しでもいつもと違うアドレスになってしまったら、そのままスイングも乱れてしまうからです。

スイングの流れを安定させるための簡単な方法は、自分の中でルーティンを作ることです。

毎回同じ動きからスイングを始めることで、スイング全体の安定につながるのです。

アドレスのあとはテークバックですが、意識は腰にもっていきましょう。

腰を回してそのことにより肩が回り、腕がついて上がってくることが理想のテークバックです。

腕の力で上げてしまうと確実に手打ちになってしまい、腰をうまく使うことはできません。

腕が上がるのは最後だということを意識しましょう。

次にトップです。

トップでは自分の左肩が、アゴの下に入っているか確認してください。

しっかり入っている状態が、腰がきれているという状態です。

もし入っていない場合は、左肩がアゴの下に入るまで腰を回しましょう。

そこからダウンスイングに入りますが、ここでも最初に動くのは腰です。

腰、肩、腕の順番に下りてくるのが理想のかたちでしょう。

あとはインパクトが終わるまで、ボールから目を離さないようにしてスイングをします。

アドレスからインパクトまで、ボールを見続けることでヘッドアップを防ぐことができ、方向が安定するでしょう。

まとめ

ゴルフフォームでは、身体の全ての部分が重要になってきます。

しかし、その中でも大切なことを数点守るだけで、スイングは安定します。

難しく考えることなく、簡単にゴルフを楽しみましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする