ゴルフのバックスピンがかからない原因

プロのトーナメントなど、ゴルフのTV中継を見ているとドライバーの飛距離やロングパットも素晴らしいですが、アプローチショットの際に見られるバックスピンも見応えがあると思います。

しかし実際にやってみるとこれが中々難しく、思ったようにバックスピンがかからないことがあります。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

バックスピンをかける為のポイント

バックスピンに限らず、ゴルフのスピンにはクラブヘッドの入射角と、インパクトするときのクラブフェースのロフト角が大きく関わっています。

それゆえ、ロフトのあるクラブでダウンブローに打たないと、バックスピンはかからないのです。

そして見落としがちなポイントとして、体の回転と同調したフェースターンが挙げられます。

ゴルフ経験者の中でもバックスピンがかからないことに悩んでいる方は、ダウンブローに打つことに意識がいき過ぎて、フェースターンを疎かにしていることがあります。

フェースターンが不完全だと、ボールをフェースで捉えきれずに、表面を滑ってしまうのです。

意外とダウンブローに打つことは出来ている人が多いので、バックスピンがかからない原因はフェースターンにあるかもしれません。

ある程度のヘッドスピードも必要

約100ヤード程度のアプローチショットでバックスピンをかける場合、毎分12,000回転以上は必要になります。

これだけの回転量を生み出すには技術だけでは足りず、相当なヘッドスピード、つまりはパワーが要求されます。

ドライバーのヘッドスピードが50くらいあると良いですが、40ほどでもフェースターンを磨いたりボールの回転数を突き詰めることでバックスピンをかけることは出来ます。

ゴルフにおいてバックスピンは何が何でも身に付けなくてはならない必須技術と言う訳ではありませんが、練習するモチベーションにはなりますし、自在に使えるようになればプレーの幅が広がるでしょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする