ゴルフが簡単に上達するコツ!前倒しとは?

ゴルフにおいてドライバーショットは醍醐味であり、初心者がぶつかりやすい壁でもあります。

コツが掴めていないとあちこちに飛んでショットが安定せず、満足のいくショットを打つにはかなりの練習が必要です。

しかし、今回ご紹介する前倒しと言う技術を使えば、比較的簡単にドライバーが上達します。

ゴルフを始めたばかりで、ドライバーに苦戦していると言う方は一度この前倒しを試してみて下さい。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

前倒しとは?

前倒しがどのようなコツかと言うと、トップから寝ているクラブを起こすことを言います。

ダウンスイングと同時に一気にクラブを前に倒す意味と、インパクトの直前にインパクトの形を作ると言う意味の二つの側面を持っています。

この前倒しによって、脱力や脇を締めるなどと言ったコツを身に付けていなくても、しっかりとボールを捉えられるようになります。

更に、最近のゴルフクラブは昔のスイングに適しておらず、ある意味で前倒しは現代ゴルフにおいて必須技術と言えるかもしれません。

と言うのも、ドライバーが長く、ヘッドが大きくなっているので、ゴルフを始めたばかりの人が正確にボールを捉えるのが難しくなっているのです。

初心者の方はショットを打つときにどうしても体が固くなってボールが右に逸れてしまいがちなのですが、この前倒しと言うコツを取り入れることで、真っ直ぐにボールが飛ぶようになります。

前倒しの注意点

前倒しのメリットをまとめると、比較的簡単にボールを捉えられる、現代ゴルフに適している、力んでも右に飛び難い、と言うことです。

これだけの効果があるコツですが、気を付けなければならないこともあります。

一つは、右に飛ばなくなったかわりに左に飛ぶようになる可能性があると言うことです。

その場合でも大きく分けて三パターンあり、まずは真っ直ぐから左に曲がるパターンです。

この場合は前倒しが強過ぎることが考えられるので、適度に調整してみて下さい。

次に、右に飛んでから左に曲がるパターンです。

このようなときは、インサイドからクラブを下ろし過ぎている可能性があります。

立ち位置やスイングをもう一度見直してみましょう。

最後に最初から左に飛んでしまう場合ですが、これは逆にアウトサイドインでクラブを振っているかもしれません。

テイクバック時に重心が右に傾き過ぎていることがあるので、少し弱めてみることをお勧めします。

前倒しはゴルフ初心者から熟練者まで取り入れるべきコツだと言えますが、どちらにしても地道な練習を忘れてはいけません。

コツはあくまでもコツなので、地力を上げるには練習あるのみです。

前倒しを意識しながらも、しっかりと基本に忠実なフォームを身に付けるようにしましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする