ゴルフで体重移動(バンプ)を正しくする方法

ゴルフのショットは非常に緻密で精確なスイングを要求されます。

体重移動自体は出来ていたとしても、その方法が間違っていればミスに繋がります。

しかしながら、現実問題としてアマチュアゴルファーの約8割がこの問題を抱えています。

そこで今回は、ゴルフショットの基本であり必須項目でもある、正しい体重移動、バンプについて話させて頂きます。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

体を回転させるのは最後の最後

ゴルフでショットを打つ際に、いきなり腰を回転させてしまうと体が開いてしまい、ミスショットの原因となります。

ここで大事なのが正しい体重移動なのですが、前傾姿勢を保ったまま腰を足の外側までスライドさせるようにします。

これをバンプと言い、きちんとバンプが出来ていると腕が自然に胸元の辺りに落下するように動き、腰を回転させるのはインパクトしてからになります。

具体的な練習方法

正しいバンプを行う為には、体が開かないように体重移動する必要があります。

この感覚を養う練習方法として、まずはクラブを持たない状態で構えます。

そして左手をトップの位置に固定したまま、右手でベルトのバックルの辺りを掴んで、ボールを飛ばす方向に引っ張るようにします。

こうすることで左腰に体重が乗り、両足の指の付け根辺りで地面をギュッと掴むような感覚になります。

これが出来ていれば、バンプを正しく出来ていると思って良いでしょう。

最初は窮屈に感じるかもしれませんが、繰り返し練習を行うことで次第に慣れるハズです。

自分のやり易いフォームを身に付けるのも一つの方法ではありますが、それは基本の形が出来てからの話です。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする