ゴルフの切り返し。スムーズに腰をスライドさせるには?

ゴルフのショットでパワーや精度を上げるには、トップからダウンスイングへの切り返しが重要です。

しかし、その時間はほんの一瞬である為、頭で考えて切り返しているうちは満足なショットは打てないでしょう。

ゴルフに限らず様々なスポーツに言えることですが、日頃から反復練習を繰り返して、体に覚えさせることが大事です。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

正しい切り返しの仕方を覚えよう

それでは、実際にどのような動きで切り返しを行えば良いかですが、肩、腰、膝をターゲットに向けてスライドさせてダウンスイングに入るイメージです。

これによって、トップで溜めた力をインパクトの瞬間まで保つことが出来るのです。

このとき注意するのは、腰を回転させるのではなく、肩、腰、膝をスライドさせて、体の左側にある壁に体当たりを仕掛けるようにして下さい。

あくまでも回転することなく、肩、腰、膝のスライドから入るのが切り返しを上達するのに有効です。

踏み込みも大事

切り返しをするときに、左足を踏み込むことも忘れてはいけません。

トップのときに左足の指の付け根辺りにかけていた重心を、ダウンスイングすることでかかとに移すようにします。

左足の下にあるボタンをかかとで踏むように意識すると、イメージを掴み易いかもしれません。

右足の動きに関しても、スライドさせる意識が重要です。

スイングすると同時に、右足を左足に寄せるようにスライドさせるようにしましょう。

このとき、無理に右足で地面を蹴ろうとはせずに、スライドさせることでスムーズに重心移動が出来、ショットの精度も上がります。

ゴルフは非常に繊細なスポーツであり、ほんの少しでも何かがずれていれば思った通りのショットは打てません。

それはゴルフの世界でトップに君臨するプレイヤーでも例外ではなく、どれほど優れたプレイヤーでもフォームを調整する作業は必須です。

それでも彼らが結果を出し続けるのは、日頃から緻密なフォームチェックを行い、気が遠くなるほどの練習を繰り返しているからです。

間違ったフォームを身に付けるのではなく、遠回りになったとしても正しい理論に基づいたフォームを練習し、自分で微調整を出来るようになれば、プレイヤーとして一つ上の段階に立てたと考えても良いでしょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする