ゴルフ初心者でパターが上手くなる方法

初心者ゴルファーの方こそ、スコアを更新する為に重要となり、1番結果が出やすい練習内容はパターです。

多くの初心者ゴルファーは、ドライバーやアイアンのフルショットを中心に練習し「パターは転がすだけだから感覚でしょ?」と思って練習しない方が多くいます。

しかし、実際のラウンドではパターの一打はとても大きい事を意識してください。

それにドライバーやアイアンと違って、打って転がすパターは初心者でも上達が早いです。

そこで今回は、パターが上手くなるための練習方法について紹介します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

パターで大切な事は一定のスイングと安定したインパクト

パターのスイングを意識せず感覚だけで打っていると、安定しないため、インパクトの瞬間が弱くなりショートしたり、逆に強過ぎでオーバーしてします。

そうならないように、一定の力で構えたスイング、インパクトを意識する事で、距離感はスイングの振り幅だけで調節するようにします。

これが1番大切で、距離感を合わせる為に「変えること(スイングの振り幅)を1つにする」事で一定したボールが打てるようになります。

そこで大切な事はスイングになってきます。

パターのスイング

パターを手だけの振りで打っていませんか?

それでは安定してパターを打つ事は難しくなります。

安定したパターのスイングとは、グリップした両手と両肩を繋いだ三角形を維持したスイングをする事です。

つまり、手首の振りで打つのではなく、振り子のように肩を回転させて打つ事に寄って一定の力で打つ事出来るようになります。

このスイングが出来るようになると、ヘッドの上下動が少なくなるのでインパクトも一定になりやすくなります。

パター練習はヘッドの振り幅と距離感

次に練習内容ですが、グリーンによってボールの転がり、傾斜は変わってくるので、自宅でもできる練習方法としてはヘッドの振り幅で距離感を合わせる事です。

ヘッド一個分バックスイングしたら1m、2個分で何mといった感じで、感覚を掴みましょう。

また、真っ直ぐ打ち出せるようにボールの後ろに目印を置く事も良いでしょう。

振り幅と真っ直ぐ振る感覚を掴み、ラウンドではパター練習で感覚を合わせる事が重要です。

まとめ

以上のような練習をするだけでも、何となくパターを打ってた時とは全く変わってきます。

ちなみに、わざわざパター練習マットを買わなくても、自宅のカーペット、畳でも十分練習になります。

いつも何も気にせずパターを打っている初心者ゴルファーの方には特に、週一回でも良いので自宅で練習してみる事をお勧めします。

きっとパターの一打が少しでも減るだけでスコアは更新されるはずです。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする