ゴルフ上達のための効果的な素振りのコツとは?

ゴルフのスイングにおいて上級者と初心者の一番の違いは再現性の高さだと言われています。

再現性とは一体何でしょうか?ショットの前に「こんな感じかな?」と2回ないし3回ほどイメージを出しながら素振りをすると思います。

上級者はその素振りと本番のショットが同じであるため再現性が高いと言われるのです。

再現性の高いスイングを身に着ける一番良い練習は素振りなんです!!

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

素振り練習のメリットと練習場のデメリットとは?

素振り練習はいつでもどこでも練習が出来ますし、ミスショットもしませんし、無意識に正しい体の動かし方をするのです。

素振りなんだからミスショットをしないんなんて当たり前だと思われるでしょうがそこが一番大事なところなんです。

練習場でミスショットの原因で多いのはダフる、トップする、など打点が様々な原因によってずれるからですよね?球のある場所に全神経を集中させて打つんです。

そこがそもそもの間違いなんです。

スイングとは言葉で説明するとアドレス(静止)から始動し、テイクバック~トップ~切り返し~ダウンスイング~リリース~フォロースルー~フィニッシュとなります。

どこにも打つは出て来ないんです、スイングの通過点に球が有ると考えるべきだからです、点ではなく線として考えて下さい。

先ほど様々な原因によってと言いましたがそのほとんどが球に集中するあまり、身体に余計な力が入り正しい動きを妨げるためミスショットになってしまうのです。

目の前に球の無い素振りでは力まず、ヘッドアップもせず、フィニッシュがプロゴルファーの様に決まります。

それは一切無駄な力が入っていないからなんです、しかもスイングの理想とされる8割程度の力加減で振れるはずです。

上手な人ほど力感を感じず、軽く振っている様に見えますよね?無駄な力が入っていないのでそう見えるのです。

初心者の人はラウンド中や練習場で同伴者に「素振りは良かったのにな~」と言われた経験があるはずです。

素振りでは出来ているんです!!だからこそ上達のため素振りを日々繰り返し脳や筋肉に正しい動きを記憶させなければならないのです。

素振り練習の基本とは?

使用クラブはSWが良いと思います。(慣れてきたらどのクラブでも構いません)

ゴルフクラブの中で一番重たいクラブですし、短いので部屋の中でも出来ると思います。

最初はスローモーションの様な速さでイメージする正しいスイングをトレースして下さい、そして必ずフィニッシュを取って下さい。

10スイング位でも息がが上がるはずです、そうしたらクラブを腰から腰のハーフスイングで仮想の球を通過するイメージでゆっくり繰り返して下さい。

これを1セットと考えて下さい、少しずつスイングスピードを上げながら繰り返します、毎回必ずアドレスで静止し、フィニッシュでは2~3秒止まって下さい。

8割程度の速さで振ってもフィニッシュが決まる所までになれば、練習場に行ってミスショットが出たとしても、何故こうなったかの原因を理解出来る様になっているはずです。

何故なら正しいスイングを身体が覚えているからです。「今のは肩に力が入ったな」とか「今のは身体が突っ込んだんだな」の様に修正すべき所が明確になるはずです。

まとめ

「週末に500球の打ち込みをするよりも毎日10回の素振りの方が価値がある」とあるプロゴルファーが言っていました。

500球の内、何球ナイスショットが出来るでしょう?週に一度ではほぼミスショットに近いかも知れません、そのミスショットを身体は覚えてしまいます。

毎日たった10回3分程の素振り練習の方が上達すると言う事です。

それでも球を打ちたい!どうしても打ちたいと思う人にはこの練習法をお勧めいたします。

練習場で3回素振りをしてからそのイメージのまま球を打つ!これを繰り返して下さい。

静止からフィニッシュ3秒までをよどみなくです。

ゴルフ上達の近道は1日10回の素振りから!練習は嘘をつきません。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする