ゴルフ上達のため斜面からの打ち方とは?

自然を相手にするゴルフでは『二度と同じライに止まる事はない』と言う格言が有る位様々な状況に遭遇します。

練習場の様な真っ平な状況は無いと言っても過言では無いと思います。

微妙な傾斜や立っているのがやっとの急斜面のラフや、波の様にうねっているフェアウェイなど一筋縄では行かない所ばかりです。

上級者はいとも簡単に打っているに初心者はなぜ、上手に打てないのでしょう?それは練習場と同じに打っているからなんです。

状況に合わせた打ち方を知らないだけなんです。

状況別の打ち方を右利きの場合で説明していきます。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

コース上の傾斜とは?

ラウンド中に遭遇する傾斜は大きく分けると4つのパターンに分類されます。

①左足上がりの傾斜、②左足下がりの傾斜、③つま先上がりの傾斜、④つま先下がりの傾斜です。

中には左足上がりつま先上がり(①+③)の様な難易度がグッと上がる複合ライが有りますが、基本の4パターンが理解出来れば何とかなるんです。

各傾斜の影響とは?

4パターンそれぞれの傾斜による影響を説明します。。

①左足上がりの傾斜では、右足にほとんどの体重が乗ってしまいフェースが閉じ易くなり引っ掛け球やフックボールが多くなります。

②左足下がりの傾斜では、左に体が流れやすくフェースが開いてしまうのでスライスボールになり易く、悪くするとシャンクが出てしまいます。

③つま先上がりの傾斜では、通常の位置よりもボールの位置が高くなり、クラブが横振りになるのでフェースが閉じ易くなり引っ掛け球やフックボールが多くなります。

④つま先下がりの傾斜では、通常の位置よりもボールの位置が低くなり、膝を曲げ重心を下げてスイングするので肩が開き、アウトサイドインの軌道になるのでスライスボールが出やすくなります。

普通に打ってナイスショットでもこの様な出球になるので狙った所に行かなくなるのです。

この影響を踏まえて考え方と打ち方を説明します。

傾斜の基本的な打ち方とは?

①左足上がりの傾斜では、出来る限り傾斜なりに立つのが基本です、地面に対して垂直に立つと言う事です。勾配がきつくなると大変ですが右足で踏ん張り維持しましょう。

体重移動をしないで肩の回転でスイングします、いつもよりコンパクトなトップにしないと立っていられなくなるのでその分番手を1番手上げて下さい。

インパクトの後は後ろに後ずさりしても構いません、無理にその場でフィニッシュを取ろうとすると左肩が回らずフェースがかぶりやすくなるのでミスに繋がります。

おっとっとと後ろに下がる位で良いんです。

②左足下がりの傾斜でも、出来る限り傾斜なりに立つのが基本です。左足を固定して左に流れるのを我慢して下さい。

下半身は極力使わず、肩の回転でスイングして下さい。

全体的に左に傾くのでクラブのロフト角も立ってしまいますので1番手下げるのも重要です。

フィニッシュまで頭を上げない位の気持ちでスイングをして下さい、体の開きとスウェーが抑制されるはずです。

③つま先上がりの傾斜では無意識に右手でクラブを操作し球に当てに行くミスが出易くなりますので上半身の回転で打つ様にして下さい。

アドレスで両方のつま先をいつもより少し内側にすると重心が動きずらくなりスムーズに上半身が回る様になるはずです。

最初は基本のスイングをしてもドローボールになるので打つ距離の10%位(100ヤード打つ場合は10ヤード)右を向く事をお勧めします。

④つま先下がりの傾斜ではボールにクラブが届くまで重心を下げる必要があります、足を広げ、膝を曲げてアドレスして下さい、決して腰から曲げてはいけません!必ず膝からです。

肩の回転のみでスイングします。手打ちに近い感覚になるはずです。

スライス回転の出球になりますので飛距離の15%位左を向き1番手上げる事を忘れないで下さい。

フィニッシュまで頭を上げない位の気持ちでスイングをして下さい、体の開きとスウェーが抑制されるはずです。

まとめ

傾斜からのショットはフィニッシュが綺麗に決まりずらい物なので打ち終わった後は無理に我慢せず、傾斜なりの動きで構いません。

複合ライの場合はそれぞれの打ち方をプラスしてもらうだけなんです、重要な事は無理なスイングをしない事です、振り上げにくい場合は無理せず番手を上げてコンパクトにして下さい。

経験して行くうちに感覚が身に付きますのでまずは基本に忠実に打ってみて下さい、それが上達のコツでもあるんです。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする