正しいダウンスイングのための重心移動のコツ

ゴルフのスイングにおいて、ダウンスイングはとても大切です。

また重心も、構えたときの重心の意識や移動はとても重要です。

重心の移動をしっかり行なうことによって、キレイなダウンスイングが出来るようになり、飛距離が伸びたり、伸びのある球筋になります。

初心者の方にはなかなか難しいのが「重心の使い方」と「理想的なダウンスイング」ですが、まだまだスイングに悩みを持つ初心者の方には、ぜひ意識してもらいたい重心やダウンスイングの方法を、今回紹介します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

なぜダウンスイングが大切なのか?

スイングでいくらキレイなトップが出来たとしても、ダウンスイングが安定しなければ、安定してた球筋、飛距離は得る事が出来ません。

初心者に多い、外側に上げて内側に降るようなアウトサイド・インの軌道ではフェイスが開いてスライスの球筋ばかりなったり、しっかりミートしないため、飛距離も伸びません。

また重心の意識や、移動をしっかり行なう事で「体全体で打つ事」ができるようになります。

ゴルフスイングに大切なのは「腕の力ではない」という事を頭に叩き込みましょう。

正しい重心の使い方がキレイなダウンスイングにつながる

皆さんはアドレスした時に、重心をどこに意識していますか?

まずアドレスしたら重心は下半身に、そして左右に50%ずつ均等に体重を乗せ、スクエアに保つ事が正しいアドレスです。

そして、バックスイングに入ったら右膝に重心が移動し、上半身が捻転されて、ダウンスイングをしながら左足に重心が移動するイメージです。

誰もがイメージしていると思いますが、これがなかなか出来ない物です。

これが出来ない主な原因は

●上半身が捻転ではなく、横移動しているため重心が高い位置にある

●膝が自由になり過ぎている

という2つです。

1つ目の重心の横移動と言うのは、ダウンスイングからフォローの時に上半身の捻転を解放する訳でなく、横にスライドするため左足よりも腰が前に突っ込んだ形になりやすくなります。

その結果、ダウンスイングは外側を通りやすくなり、クラブヘッドも遅れて戻ってくるため、打ち急ぎとなりスライス回転になってしまうのです。

これでは、クラブは全く仕事していない事になってしまいます。

2つ目の膝の位置とは、バックスイングでは左膝が伸びきって、左右の膝の高さがズレてしまう事です。

バックスイングの時に左膝が固定されていないと、体の軸が傾きながら、どこまでも体が回ってしまいます。

このままだとオーバースイングになりやすくなったり、右足に重心が移動できなくなりアッパースイングになったりして、全く安定しません。

なので、しっかり左膝の位置・高さを変えずに、上半身が回る限界の位置が正しいトップの位置だと体のに覚えさせる事が大切です。

この2つを意識するだけでも、打ち急ぎが出にくくなり、しっかり上半身の捻転を使う事ができます。

まとめ

このように重心の意識・置き方でバックスイングにダウンスイング、フォローまでの一連の動作がスムーズになります。

プロのスイングを見ていても、下半身に重心があってブレがなく、特に女子プロなんかは全く力みがなく、体全体で打っている事がわかると思います。

今回紹介した「イメージ」を意識する事で、安定したスイングに近づけると思いますので、ぜひ
練習でも意識してスイングしてみてください。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする