ダウンスイングの3つのポイント

ゴルフのスイングにおいて、ダウンスイングからインパクトにかけてのスイング軌道が全てだと言っても過言ではありません。

特に初心者ゴルファーには、ダウンスイングで正しいスイング軌道で振る事はとても難しいですが、このダウンスイングからインパクトにかけての軌道が正しく振れれば、安定したスイングができるようになります。

そこで今回はダウンスイングの重要性と、正しいダウンスイングをするためのポイントを3つ紹介します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

スイング軌道は3種類

まず、スイング軌道には3種類ある事を覚えましょう。

トップの位置からクラブが外側から帰ってきて、インパクト後に内側を巻いてくるようなスイング軌道を「アウトサイドイン」と呼び、初心者ゴルファーに最も多いスイング軌道です。

アウトサイドインの場合、クラブが外側から帰ってくるためフェイスが開くやすく、インパクトでボール擦るようなインパクトになるため、右回転がかかりスライスしやすくなります。

2つ目はインサイドアウトです。

主に持ち球がドローの方や、右プッシュアウトが多い方がやりがちなスイングです。

基本ドロー回転になるので、手首を使うとフックにもなりやすいスイング軌道です。

3つ目はインサイドインです。

目指すスイング軌道はこの「インサイドイン」か「ストレート」です。

インサイドインは内側からクラブが降りてきて、内側に振り切るスイングです。

このスイング軌道でインパクトのタイミングが合えば、飛距離、アイアンではスピン量も増え、安定したボールが打てるようになります。

ダウンスイングの重要性と正しく振るポイント

上記のようなスイング軌道によって、持ち球やミスが多い球筋が決まってきます。

なので極端な話、どんなバックスイングの仕方をしても、しっかりバックスイングができていれば正しいスイングになります。

では、インサイドから降りてくるダウンスイングをするためのポイントを3つ紹介します。

ダウンスイング右肘をしっかりと落とす

ダウンスイングは大きく振り下ろすイメージが強いため、右肘が外側を向いて振り下ろしてしまいがちですが、こればアウトサイドから振り下ろす事になってしまうので、イメージとして、トップの位置から右肘を下に落とすイメージで振ると、しっかり内側を通ってクラブが戻ってくるスイングになります。

右肘を体に引き付ける

上記ように右肘を下に落とすイメージで振り、インパクト直前は右肘が体に引きつくようなスイングをすると、インパクト直前までしっかりとタメができ、飛距離の出るボールが打てるようになります。

体の回転が中心

振り下ろそうとすると、どうしても腕や手だけで降りやすくなりますが、あくまでも体の回転でクラブが付いてくるイメージでスイングしましょう。

体の回転のタイミングとしっかり合うことで、理想的なスイング軌道になります。

まとめ

以上のように、出来ているようで以外と難しいのがダウンスイングです。

球筋が安定しなくて困っている方は、まずダウンスイングの軌道を意識して練習してみる事をお勧めします。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする