ゴルフのダウンスイングでは右膝が重要

ゴルフのスイングには意識するべき動きが沢山あります。

アドレスからテイクバック、トップ、ダウンスイング、インパクトからフォローにかけて様々ありますが、インパクトまでに最も重要となるのがダウンスイングです。

中でも、初心者ゴルファーの多くがあまり意識していない、右膝の動きの重要性も含めて紹介します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

正しいダウンスイングは下半身が重要

ゴルフのスイングにおいて、下半身に重心を置く事はとても重要で、スイング時には体重移動をしっかりする事によってヘッドスピードのアップや、飛距離に違いが生まれます。

しかし初心者ゴルファーの多くは、体重移動、体の回転の意識をし過ぎているため、スエーや左腰の突っ込みなどになりやすく、安定したスイングがなかなかできないことが多いです。

つまり、安定したスイングをするためには、体重移動や体の回転の軸となる膝が重要になります。

特に、右膝に重心をしっかり乗せて回転する意識を持つ事で、しっかりヘッドを走らせるスイングが出来るようになります。

正しい右膝の使い方2つ

右膝の位置を変えない

アドレスの時、膝は正面を向き適度に角度をつける事が基本で、左右の高さを平行にします。

そこから、体の回転でテイクバックに入ると右膝が伸びてしまう方が多くいます。

右膝が伸びてしまうと体も伸び上がり、スエーになりやすく、下半身が自由になるためどこまでも体は回りやすくなり、オーバースイングになりやすくなります。

この状態でダウンスイングになっても、伸び上がった右膝を戻すことは難しく、回転するというよりは腰の横移動になるため、左腰の突っ込みに繋がります。

こうなるとヘッドが遅れやすく、フェイスが開いてインパクトしやすくなります。

なので、基本はアドレスから右膝の位置を変えない事を意識する事で、しっかりとした上半身の捻転が生まれ、軸のある回転ができるようになります。

突っ込みクセは右膝で回転するイメージで解消

体重移動を意識し過ぎると、体が打ち急いでしまい、回転するよりも左腰が突っ込んでしまう事があり、コレはリズムで癖がついてしまう事が多いので、直す事がなかなか難しいです。

ですが、まずは極端な体重移動の意識をする必要はありません。

トップでしっかりと右膝に体重が乗った状態で、右膝体重のまま回転する意識でスイングしてみてください。

右膝体重でもインパクトからフォローにかけて、自然と左膝に体重移動しているはずです。

これができると体も回転しやすく、ヘッドがしっかりと走る感覚がつかめます。

まずは、体重移動の意識よりも右膝体重で回転する事をイメージすると良いでしょう。

まとめ

以上のように、右膝の意識を変えるだけでもスイングは劇的に変わります。

特に、オーバースイングやスライスが止まらない方は一度お試しください。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする