ダウンスイングでコックが活かさせるポイント

ゴルフスイングで飛距離を出すためには「コック」でタメを作る事が大切です。

しかし、トップでコックを使ってタメを作っても、そのタメを活かす事ができていますか?

多くのビギナーゴルファーはトップの位置でのコックしか意識していない事が多く、そのタメをダウンスイングで活かせていません。

そこで今回は、ダウンスイングでコックを活かす方法を紹介します。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

正しいコックができていますか?

まず、正しいコックの動きについて説明します。

コックと言うと「トップで手首に角度をつける」というイメージがあり、ビギナーゴルファーの多くはコックすると、手首が甲側に折れたり、内側に折れたりしている感覚を「コック」と呼んでいる場合が多くみられます。

しかし正しくは、親指は腕に向かって倒れるイメージです。

実際にやっていただくとわかりやすいですが、親指を腕に倒そうとしても思ったよりも曲がりません。

つまり、ビギナーゴルファーであれば意識的に手首に角度を付けるのではなく、クラブの重さが親指に乗れば、自然とコックが出来ている状態になるんです。

これが正しいコックです。

コックを活かすダウンスイング

コックを活かしたダウンスイングとはどういう事かというと、トップで作ったコックを維持したままダウンスイングし、インパクト直前で解放する事でよりヘッドスピードを上げるということです。

この、ダウンスイングでコックを維持するという事が出来ていない方が多くいます。

せっかくトップでコックが出来ても、ダウンスイングに切り替えると同時に開放してしまったり、コックを維持しようと意識し過ぎて力が入り、アウトサイドインの軌道になってしまったりします。
コックを活かすためには、ダウンスイングで右脇を締める事、アームローテーションを使う事が大切になります。

コックを維持するダウンスイングの練習方法

コックか活かされない原因の1つとして、ダウンスイングで右肘を開くということです。

これを解消する方法ととして、右脇にタオルやグローブを挟んでスイングする事です。

インパクトからフォローまでグローブを離さずにスイングできるという事は、ダウンスイングでしっかり右腕が体に引きつけられるという事なので、コックも維持しやすい状態になります。

またインパクトでは、体に引きつけた腕を「回転させる」アームローテーションをする事で開放してコックを、最大限活かす事が出来ます。

アームローテーションも手首で回転するのではなく、腕で回転する必要があるので、まずはクラブ真っ直ぐ正面に持って腕の回転でクラブを動かす感覚を掴みましょう。

まとめ

以上のような練習、感覚を掴む事でタメが活かさせるスイングになり、飛距離アップに繋がります。

しかしまずは、基本の体の回転でスイングするという事ができてから練習するべきでしょう。

基本が出来てない状態でコックを意識すると、手打ちになりやすくなります。

なのでまずは基本をしっかりと覚え、それからコックの感覚を掴みましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする