ゴルフでバックスイングが上がらないときはどうする?

みなさんは、自分のゴルフスイングに自信はありますか?

ゴルフスイングが綺麗な人を見ると、とてもうらやましいですね。

そんな人それぞれのスイングですが、悩みがある方も多いでしょう。

今回は、スイングの中でも重要なバックスイングにおいて、“上がらない”という悩みをお持ちの方のための、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

上がらないとどうなる?

スイングの良し悪しは、バックスイングで決まると言っても過言ではないほど、バックスイングは重要です。

バックスイングがきちんとできていれば、その流れのままダウンスイングからインパクト、そしてフィニッシュまで綺麗に終わることができます。

バックスイングで上がらないということは、身体の捻転が上手くいっていないということでしょう。

身体が上手く捻転していないとなると、多くの場合が手打ちになりミスショットになってしまいます。

では、なぜバックスイングが上がらないのでしょうか?

次は、バックスイングが上がらない原因と解決法について、解説をしていきたいと思います。

やっぱり柔軟性なのか?

バックスイングが上がらない主な原因は、身体が硬いということです。

と、言いたいところですが、実は違うのです。

身体が硬いことが多少は影響しても、バックスイングが上がらない大きな原因となるわけではありません。

では、なぜバックスイングが上がらないのでしょうか?

それは、多くの方が手で上げてしまっているからそこ以上は上がらないのです。

みなさんは、下半身始動という言葉を聞いたことがありますか?

その字の通り、スイングを下半身から始動させることを言うのですが、これができていればバックスイングもしっかり上げることができるのです。

スイングの流れを解説すると、右利きの場合ですがまずはアドレスをとります。

次にバックスイングを始めるのですが、ここからが下半身始動です。

左腰を軸に腰を回し、その動きにより腕がついてきて上がるのが理想のかたちです。

トップでは左肩がアゴの下に入っていますか?

きちんと入っていれば、腰がきれている証拠です。

入っていなければ入るまで、しっかり腰を回しましょう。

ここでも腕を使うのではなく、腰を使うということがポイントです。

できていないと、手打ちになってしましますので気をつけましょう。

あとは、ダウンスイングからインパクトまでです。

ダウンスイングでも、下半身始動を意識しましょう。

ヘッドアップを防ぐため、インパクトまでボールから目を離さないことが大切です。

フィニッシュでは、ピタッと止まれるようにするとスイングが安定している証拠ですので、当然弾道も安定します。

まとめ

「バックスイングが上がらないのは、身体が硬いせいだ」と思っている方、今回の解説で考えが変わったのではないでしょうか。

ゴルフでは柔軟な身体作りが大切です。

しかし、それにも限界が出てきてしまうのが現実ですが、そんなときは少し考えを変えてみてください。

柔軟性が関係ないような上達方法を見つけましょう。

必ず自分に合った、練習方法が見つかるはずです。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする