ゴルフスイングをゆっくりするためのコツ

みなさんのゴルフスイング、ヘッドスピードはどれくらいですか?

また、ゴルフスイングのヘッドスピードの速さを気にしていますか?

飛距離を出したい、スコアアップをしたい、スイングを安定させたいなど、ゴルフの悩みは尽きないものです。

では、どのようにすればゴルフスイングは安定するのでしょうか。

今回は、ゴルフスイングのコツについて、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

ゴルフスイングが速いときと遅いとき

みなさんのゴルフスイングは速いですか、それともゆっくりですか?

イメージとしては、ゴルフスイングが速い場合は飛距離が出る、遅い場合には飛距離は出ないが正確さがあるということだと思います。

実際にその通りなのですが、初心者の方にはゆっくりなゴルフスイングがオススメです。

確かに飛距離というものはゴルフをする多くの方が、目標の中心に置いていることだと思います。

しかし、初心者の方のスコアアップのためには、飛距離よりもまずは安定したスイングをすることが必要なのです。

その安定したスイングを手に入れるためには、ゆっくりしたゴルフスイングが重要になってきます。

では、ゆっくりしたゴルフスイングをするためのコツとは何なのでしょうか?

次は、ゆっくりしたゴルフスイングを手に入れるためのコツと練習方法について、解説をしていきたいと思います。

大切なのは〇〇〇率?

みなさんは、安定したゴルフスイングを身につけるためにはどのようなコツが必要だと思いますか?

当然練習が必要なのですが、ゴルフスイングの速さに秘密があるのです。

前述で解説した通り、ゆっくりしたゴルフスイングがスコアの安定につながります。

それはなぜかというと、ゆっくりスイングをすることによって、ミート率を上げることができるからなのです。

ミート率とは、クラブのフェースにどれだけ芯を食って当てられているかの割合のことを言います。

速くスイングをするよりも、ゆっくりスイングをした方が確実にミート率も上がるのです。

ミート率が上がるということは、当然飛距離も伸びることにつながります。

このようにスイングを速くしなくても、飛距離は伸ばせるのです。

では、そのコツについて解説していきたいと思います。

ゴルフスイングは、ゆっくりしようとすればするほど力が入ってしまい、滑らかなスイングができなくなってしまいます。

ゆっくりスイングをするというよりも、軽くスイングをするという風に意識しましょう。

フェースにボールをジャストミートさせるには、クラブのしなりを生かしてやわらかくスイングすることが大切です。

軽く振る練習をして、ミート率を上げていきましょう。

まとめ

ゆっくりスイングをするコツは、軽く打つということです。

飛距離を伸ばすこと=スイングスピードを速くすることではないということをしっかり理解して、練習をするようにしましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする