ゴルフのバックスイング時に意識すべきこと

みなさんはゴルフにおいて、バックスイングで意識していることはありますか。

そもそもゴルフをされている方の中で、どれくらいの方がスイングに対して、しっかり意識しているのでしょうか?

今回は、ゴルフのバックスイングでは何を意識すれば良いのかについて、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

バックスイングとは?

みなさんは、バックスイングがどこからどこまでの動きであると考えますか?

一般的にバックスイングとは、アドレスをとってトップまでの間の動きのことを言います。

他の言い方では、テークバックとも言われますね。

このバックスイングですが、ゴルフスイングの始まりの部分でもあるため、大切なことがたくさんあります。

バックスイングでは特に、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか?

次は、バックスイングの中で特に意識すべき点について、解説をしていきたいと思います。

意識することはとても大切!

バックスイングで大切なことは、身体で打つということを意識することです。

野球やテニスなどボールを打つ競技には共通して言えることなのですが、ゴルフではどうしても初心者の方は手で打ちにいってしまいます。

その結果、方向が定まらなかったり飛距離が伸びなかったりして、様々な問題が生じてきてしまいます。

大切なのは手で打つのではなく、身体全体を使ったスイングを意識することです。

バックスイングを始めるときに腕から上げるのではなく、腰を軸にしてバックスイングをはじめましょう。

このことを、“下半身始動”といいます。

初心者の方でも聞いたことがある方が多いと思いますが、それぐらいよく聞く大切なことなのです。

さらにもう一つしっかり意識して欲しいのが、頭の位置とトップの位置です。

まずは頭の位置ですが、頭の位置はアドレスをとってからインパクトが終わるまで、動かさないようにしましょう。

“ヘッドアップ”という言葉を聞いたことはありませんか?

これはインパクトが終わる前に頭が動いてしまい、ミスショットをしてしまうことの原因を指します。

特にドライバーは、飛距離や方向が気になってしまい、ヘッドアップしやすくなります。

このミスをなくすための簡単な方法は、“ボールを見る”ということです。

これだけを意識していれば、ヘッドアップは格段に少なくなるのでオススメの方法です。

トップの位置ですが、トップの位置は上げれば良いというわけではありません。

大きく振りかぶった方が、その戻る力で飛距離も伸びる気がします。

確かにそうなのですが、大きく振りかぶればそれだけダウンスイングで振り遅れてしまいます。

ゴルフでは大きな動きも大切ですが、なるべくコンパクトなスイングを意識しましょう。

まとめ

ゴルフのスイングは、実践してたくさん練習することも大切ですが、意識をするというイメージトレーニングも大切です。

バックスイングでは、下半身始動、頭とトップの位置を意識してスイングするようにしましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする