ダウンブローとは?そのコツと練習方法

みなさんは、自分のスイングに満足していますか?

ゴルフスイングの中には、大切なことがたくさんあります。

しかしそれを全て覚えるとなると、初心者の方にはなかなか難しいものもありますね。

できれば、必要な項目だけ押さえておきたいものです。

今回は、スイングの中で大切なこと“ダウンブロー”の練習方法について、解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

ダウンブローとは?

みなさんはゴルフ用語の中で、ダウンブローという言葉を聞いたことがありますか?

ダウンブローとはとても簡単に言えば、アイアンでのダウンスイングの際にクラブ最下点の手前で、フェースにボールが当たることを言います。

これでも少し難しく感じますね。

では、プロのスイングを見たことがありますか?

プロのアイアンでのスイングを見るとわかりますが、ボールを打ったあとに芝がとれています。

よく“ターフをとる”と言いますが、ボールが当たったあとに先の芝がめくれていることを言います。

これが、ダウンブローがきちんとできている証拠です。

フェースが最下点前にボールに当たり、そのあとに芝に当たるため先の芝が取れるのです。

では、ダウンブローはどのような練習方法で身につくのでしょうか?

次は、ダウンブローの確認項目と練習方法について、解説をしていきたいと思います。

ボールの位置は大事

まずは、ダウンブローの練習方法についてです。

アドレスをとりますが、ドライバーよりも狭めのアドレスになります。

肩幅程度が、適度な幅になるでしょう。

ボールの位置は、アドレスをとった足の間の真ん中にくるようにしましょう。

真ん中より左には置かないようにしてください。

スイングのイメージは、上から打ち込むイメージです。

しかし上から打ち込むといっても、最下点でボールに当ててしまう意識ではダウンブローはできません。

アドレスでかまえた手の位置を、ハンドファーストにしましょう。

これができているだけで、上から打ち込むスイングでもダウンブローがしっかりできます。

あとはスイングしていくのですが、ダウンスイングのときのポイントとして、ハンドファーストを保ったままインパクトするということです。

このことにより、最下点の手前でフェースがボールに当たります。

始めはゆっくりとしたスイングで、イメージを掴んでいきましょう。

そもそもアイアンのスイングでは、速いスイングは必要ありません。

ゆっくりした軽いスイングをすることで、ミート率を上げることができるのです。

力の抜けた、軽いスイングを目指しましょう。

まとめ

ゴルフ用語は、難しい言葉が多いですよね。

ダウンブローもその一つです。

しかし今回のように、簡単に考えることでさらにゴルフを楽しくすることができます。

練習方法も人によりさまざまですので、色々なものを参考にして自分なりの練習方法を見つけましょう。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする