ゴルフの醍醐味!ドライバーの上達方法!

ゴルフにおいて、ドライバーは最も爽快なショットと言えます。

初心者の方が最初に楽しくなるプレーであり、同時に困難にぶつかるプレーでもあります。

ゴルフボールが真っ直ぐに飛んでいく様を見るのは気持ち良いのですが、初心者の方がドライバーを打つと中々安定しないのが実情です。

そこで今回は、ドライバーの上達方法について話したいと思います。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

打つ前から気を付けよう

ドライバーの上達方法を知る上で覚えておいて頂きたいのは、スイングばかりに意識を向けてはいけないと言うことです。

むしろ、実際にドライバーで打つ前の準備段階こそ大事だとも言えます。

まずは立ち位置です。

これはゴルフのショット全てに共通することですが、ドライバーでは特に重要です。

ボールが飛ぶイメージを作り、それと平行になるように立ちます。

このとき、ゴルフボールのブランド名を跳ぶ方向に向けると、より一層イメージし易いと思います。

次にティーアップですが、ボールがヘッドから半分ほど出る高さに調節しましょう。

こうすることでボールが上がって、飛距離が出易くなります。

ここで注意しなければならないのは、高く設定し過ぎるとボールが打ち上がってしまうので、丁度良い高さを心がけて下さい。

実際に打ってみよう

実際にドライバーショットを打つときの上達方法についてお話します。

アドレスですが、ドライバーのスタンスは肩幅を目安にして少し広く意識します。

ボールの位置は左かかとの延長線上に来るようにして、右足に若干多めの体重をかけます。

こうしてしっかりアドレスを決めることが出来たら、いよいよスイングです。

右足に体重移動し、ゆっくりとテイクバックを取って下さい。

そして体をひねった力を解放する訳ですが、ここで注意するべきポイントはすぐに腰を回さないことです。

腰を早い段階で回してしまうと、体が開いて安定したショットが打てなくなります。

右足に乗った体重を左足にスライドさせる意識で動かし、左の腰が足の外側まで来るように引っ張ります。

ヘッドが自然と下りた先にボールがあるようにスイングし、インパクトしてから腰を回すようにしましょう。

体は目標方向にフォロースルーし、最終的には左足に全体重が乗っている状態を作ります。

グリップが左耳の横に来るまで振り切って下さい。

言葉にすると以上の通りですが、これを全て正確にこなすのは至難の業です。

最初はゆっくりでも良いので、的確なフォームを身に付けて、徐々にスピードを上げていって下さい。

ゴルフをするからには誰しも思いきりドライバーショットを打ちたいとは思いますが、そこはグッとこらえて変な癖が付かないようにしましょう。

そうして地道に努力することこそが、一番の上達方法だと言えるかもしれません。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする