ゴルフの全てがここにある!ハーフスイングの上達法とは?

ゴルフのプレーの中で最も爽快なのは、ドライバーショットだと言えます。

ロングパターやチップインを決めたときなども気持ち良いですが、爽快と言う意味で言えばやはりドライバーが挙げられると思います。

ですが、ドライバーの上達法は何かと聞かれれば、私はハーフスイングを徹底的に練習することをお勧めします。

ドライバーの上達法なのだからドライバーの練習方法を教えて欲しいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、ハーフスイングはゴルフの基礎であり、全てでもあるのです。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

フルスイングの前にハーフスイング

ドライバーに限らず、ゴルフの上達法を語る上でハーフスイングは欠かせません。

フルスイングはハーフスイングの延長でしかなく、ハーフスイングが満足に出来なければ決して上達することはありません。

有名なプロの選手でも、初めの頃はひたすらハーフスイングを練習したと言う話は珍しくありません。

ハーフスイングの練習はかなり地味で退屈に思うかもしれませんが、アプローチショットとしても有効な実戦向きの上達法なのです。

ゴルフ初心者の方は当然として、長年ゴルフをプレーしている方も、スランプに陥った際などはハーフスイングをチェックしてみると良いでしょう。

ハーフスイングを練習するポイントとは?

それでは実際にどうやって練習するかですが、まずは体の力を抜くことが大事です。

これはフルスイングするときも同様ですが、グリップを軽く握ってほどよくリラックスしましょう。

脱力はゴルフに限らず様々なスポーツにおいて大事な要素であり、余計な力が入るとスムーズなスイングが出来なくなります。

次に意識するのは、ボールを手で打つのではなく体の回転だけで打つと言うことです。

グリップエンドが常におへそを向いているように気を付けて、体を捻ります。

フォロースルーのときもグリップエンドがおへそを向くようにし、体の回転でボールを打ちましょう。

グリップエンドがおへそを向くように固定することで、体の回転で打つ感覚を養えます。

手や腕の力でスイングしてしまうとショットが安定せず、多くのミスに繋がってしまいます。

もう一つは、前傾角度を保つと言うことです。

前述のポイントを押さえていても、テイクバックやフォロースルーの際に体の軸がぶれてしまうと台無しです。

ハーフスイングのときは、アドレスを決めたときの前傾角度を保つように心がけて下さい。

このとき、首の付け根を意識することが効果的です。

頭自体は動いても構いませんので、首の付け根だけは決してぶれないようにしましょう。

これらの上達法を踏まえて練習し、完成度の高いハーフスイングを身に付けることが出来れば、フルスイングしたときも安定したショットを打てるようになるハズです。

逆に、いくら練習してもスコアが伸びない方は、ハーフスイングを疎かにしている可能性があるので、一度ご自身のスイングを見直してみて下さい。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする