ゴルフの飛距離で損している!?上半身と下半身の捻転差が大事!

ゴルフで飛距離を出す為に大事なのは筋力ではなく、上半身と下半身の捻転差です。

具体的にはどう言うことかと言うと、バックスイングの際に捻転を意識して、上半身と下半身の捻れを強くすると言うことです。

それでは、これがどのような効果を生むか、詳しく話させて頂きます。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

捻転によって力を生み出す

捻転を意識して上半身と下半身の捻れを強くすると、体の上下で回転差が付きます。

そしてこの回転差が、飛距離を出す為に必要なのです。

と言うのも、回転差が大きいほどダウンスイングで下半身と上半身の戻りに差が生まれるので、それがインパクトの際に力となってゴルフクラブのヘッドが加速します。

捻転をしっかりして上下の回転差を付けないと、腰の回転でスイングすることが出来ません。

それゆえ、上半身と下半身の捻れ差がゴルフスイングにおいて非常に重要なのです。

クラブは体の一部

捻転の重要性は上記の通りですが、実際にバックスイングをするときには他にも気を付けるべきことがあります。

それは、ゴルフクラブを手の力で担ぎ上げるようにしない、と言うことです。

手の力でバックスイングしてしまうと、上半身と下半身を捻って十分な回転差を生むことが出来ず、ヘッドを加速させることが出来ません。

そこで意識するのが、クラブを体の一部だと考えることです。

スイングの始動はクラブのヘッドからでも構いませんが、そのときにクラブと体を一体化させて動かすようにして下さい。

これがきちんと守れていれば、上半身と下半身で回転差を作れるので、腰の回転でスイングをリード出来ます。

イメージとしては、クラブヘッドからバックスイングをスタートさせても手で担ぎ上げず、肩と腰の回転で上げて行くことです。

この感覚を養う為に、野球のバットなどの重い物を使って練習することをお勧めします。

重い物でスイングしようとすると手先で上げるのが難しくなるので、自然と体の捻転を使ってバックスイングするようになるのです。

他にもクラブを三本ほど持ってスイングするなどの方法がありますが、要は手の力でクラブを上げず、体の一部として腰や肩を回転させてバックスイングすることを心がけて下さい。

スポンサーリンク
golf-victoryレクタングル大

golf-victoryレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする